第21-074号
2022年2月8日
ANAあきんど株式会社
株式会社宮崎県ソフトウェアセンター
avatarin株式会社

AVATARDX MIYAZAKI
~宮崎県版アバター社会実現のために、
観光と教育の先駆的モデルの実装~
「宮崎県 令和3年度先端ICT社会実装事業費補助事業」に係る
取組みについて


 ANAあきんど株式会社(代表取締役社長:高橋 誠一、本社:東京都中央区)は、株式会社宮崎県ソフトウエアセンター(代表取締役社長:長友 秀泰、本社:宮崎県宮崎市、以下「ソフトウエアセンター」)、avatarin株式会社(代表取締役CEO:深堀 昂、本社:東京都中央区、以下「avatarin」)と連携し、宮崎県内の介護施設や学校、観光事業所を対象に、アバター実装社会も目指した体験型プログラムを実施しています。

■事業概要
 本事業は宮崎県の「令和3年度先端ICT社会実装事業費補助事業」の一環で、宮崎県内初の先端ICTを活用した先駆的モデルの社会実装を目指すため、「アバター」を導入し、これまでにない遠隔体験を実施するものです。また、遠隔体験の様子を全国へ発信し、本事業の取組みや、アバターの魅力を多くの方々に知っていただくことで、将来、宮崎版アバター社会実現を目指しております。県内で全11コースの遠隔体験実施を行い、2月下旬に宮崎県外の学校と柳田酒造、宮崎県総合博物館それぞれの施設を結ぶ体験型イベントを実施予定です。

  • 【実施施設】 柳田酒造合名会社、宮崎科学技術館、宮崎県総合博物館、社会福祉法人スマイリング・パーク、宮崎県内の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校 第28回みやざきテクノフェア出展 他

■実施事例
「アバター」活用で地方創生や新たな教育モデルの可能性、
日本三大秘境の一つ!宮崎県「椎葉村」で、小学生を対象としたアバター修学旅行が実現!

先端ICT技術(アバター)を活用した小学生向け修学旅行を計画しました。中山間地域でのICT活用普及を目的に、宮崎県椎葉村内にある小学校全39名(5、6年生)へアバターを実際に操作してもらい、沖縄県や香川県内の観光施設へのアバター修学旅行を体験いただきました。

【イベント概要】

  • 対象者:椎葉村内全小学5、6年生計39名
  • 施設名:沖縄県、香川県内観光施設
  • 体験日時:2021年10月28日(木) 13:00~15:00(2時間)

【事業掲載ページ】
宮崎県ソフトウエアセンター 掲載ページ ▽
http://hpm.miyazaki-nw.or.jp/organization/post1/sec02/211109175724/

【令和3年度先端ICT社会実装事業費補助事業に係る事例紹介URL】
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/johoseisaku/shakaikiban/johotsushin/20210817130909.html

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

この記事をSNSでシェアする