第19-036号
2020年1月31日

ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市で
アバターによる瞬間移動を体験!


  • ・2月5日、6日に沖縄県宜野湾市で開催される国際IT見本市にアバターを出展
  • ・遠隔でアバターを操作することにより、水族館やホテルのスイートルームを体験
  • ・オープニングセレモニーにnewmeが登場

 ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉、以下「ANAHD」)は2020年2月5日から6日に沖縄コンベンションセンター(沖縄県、宜野湾市)において開催される「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市」の先端技術体験ゾーンにANAHDが開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を出展します。

 先端技術体験ゾーンでは、展示会場から遠隔でnewmeを操作することにより、沖縄美ら海水族館を訪れ、解説員とコミュニケーションを取ったり、ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄のスイートルームを見学したりできます。このほか、ANAHDと慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が共同開発したウェアラブルアバターも展示する予定です。ウェアラブルアバターは、体験を共有し、技術指導やツアーガイドなどでの活用が期待されています。
 また、オープニングセレモニーにnewmeが参加し、各社のロボットとともにセレモニーを盛り上げます。なお今回、株式会社NTTドコモの協力のもと通信環境を構築しています。

 「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市」は、沖縄県のリーディング産業である「観光産業」と「情報通信産業」を掛け合わせた「リゾテック(ResorTech=Resort×Technology)」をコンセプトとし、今回初めて開催される国際的なIT見本市です。今回をプレ開催、次回が本開催と位置付けられており、アジア諸国からのIT産業の集積やビジネスのグローバル展開に繋がるような場として期待されています。

  ANAHDは、アバターを社会インフラとして導入し、自治体やデベロッパーなどとともに、観光や教育、医療などさまざまなシーンの中でアバターが社会インフラとして利活用されることを目指しています。

以上

<お問い合わせ先>
  • ANAホールディングス株式会社 広報・コーポレートブランド推進部
    TEL:03-6735-1111

印刷をされる方はこちらをご利用ください

  • ■報道機関等からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス(株)
    広報・コーポレートブランド推進部:
    03-6735-1111
  • ■その他の各種お問い合わせ先はこちらからご覧ください。

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®