INTERVIEW

実行が挑戦のチャンスを生む
世界各国の食品商材を
食品業界の川上から川下までお届けする

ANAフーズ株式会社

家泉 ゆかり(いえずみ ゆかり)/ 2018年入社

Q.自己紹介をお願いします。

加工食品部 加工食品チームに所属しています。現在は主に国内の食品加工会社向けの販売・営業を担当しています。
学生時代は農学部で食品化学分野を専攻しており、基礎的な化学実験の実習や食品の機能性などを学んでいました。米アレルギーの研究をしていました。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

学生時代からもともと”食”に興味を持っており、好きなことを仕事にしたいと漠然と思いつつ就職活動をしていました。様々な会社を見て企業研究を進めていくうちに、自分が普段食べている食品を商社が仕入れ、支えてくれていることを知りました。食品商社に業種を絞り、就職活動をしていたところANAフーズを見つけたのがきっかけです。
ドライフルーツやナッツを世界各国から輸入し、かつ自社農園をアメリカに持ち、食の川上から川下まで流通させているところに魅力を感じ、この会社を受けてみたいと思うようになりました。

Q.会社の雰囲気を教えてください。

入社した当時から「穏やかな中に活力がある」雰囲気を持った会社だと感じていました。私が配属された部署もあたたかく、どんな些細なことでも私が納得するまで親身になって時間をかけ指導してくれます。
ただ、どの部署も穏やかな雰囲気が流れている一方、利益を生み出すために活発に営業活動をしたり、討議しあったりと緩急があり、二面性を持ちあわせています。グローバルな環境ですので英語力を活かして活躍できるフィールドがあります。

Q.現在の担当業務とやりがいを教えてください。

私が所属している加工食品チームでは、アメリカやベトナムなど海外からナッツやドライフルーツを仕入れ、日本の製菓・製パン業界など食品加工会社様に提案・販売を行っております。
提案した商品を担当しているお客様にご購入していただける時は格別です。数ある商社の中から当社を選んでいただけることに営業職としての喜びを感じます。同時に、今後もお客様と真摯に向き合い、頼られる存在でありたいと強く思います。

Q.この部門・役割だからこそ得られる経験・価値などはありますか。

昨年の秋にアメリカ出張に行き、現地のレーズンやアーモンド、クルミの農園視察を行いました。想像していた以上に広大な農園に衝撃を受けたと同時に、多くの方の手間と労力が掛けられていることを知りました。1人でも多く日本のお客様に商品をご紹介し、購入していただきたいと強く思うきっかけとなりました。

Q.この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

就職活動では悩んだり迷ったりすることが多くあると思います。そんな時は、その会社で働く未来の自分の姿を想像して見てください。
当社には加工食品以外にも、バナナなどの生鮮食品、ギフト商品を扱う部署や、日本の食材を輸出する企画を立案する部署があります。数ある会社の中で当社に少しでも興味をお持ちいただけたら嬉しいです。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

社員の声トップに戻る