INTERVIEW

飛行機のすぐ近くで
作業する臨場感は特別!
チームワークと専門技術で
安全に一便を空へ。

ANA福岡空港株式会社

遠江 健一朗(とおのえ けんいちろう)/2016年入社

Q.自己紹介をお願いします。

貨物・グランドサービス部ラインハンドリング課に所属しております。ANAグループ便や、海外から乗り入れている航空会社のグランドハンドリング業務、整備補助業務など、多様な地上支援業務を行っています。
大学時代は経済学部経済学科で学んでおりました。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

ANA福岡空港株式会社を志望したのは、大学時代に友人との旅行で福岡空港を利用する機会が多く、自然と航空業界に興味を持ち働きたいと思ったからです。グランドハンドリングの方々が活躍する姿に、空港ならではのスケールの大きさと躍動感を感じました。
また地方空港らしいアットホームな雰囲気も魅力的でした。会社説明会で社員の方とお会いした際、非常にいきいきと業務の話をされている姿をみて、このような社員の方と一緒に働きたいと思ったのもきっかけの一つです。
また、福岡空港は市内中心部とのアクセスが良く、世界トップクラスの利便性のよさも魅力的でした。旅客ターミナルのリニューアル、滑走路の再整備計画と更なる発展にも期待をしていました。

Q. この部門・役割だからこそ得られる経験・価値などはありますか。

グランドハンドリングの業務は、到着便のパイロットに指示を出すマーシャリング業務や、貨物・手荷物を搬送し航空機へ搭降載する業務、飛行機を滑走路まで特殊車両で押し出すプッシュバック業務など、どの業務にも専門的な知識と資格が必要になります。安全と定時出発を常に意識する緊張感のある業務ですが、これらの知識や技術はこの業務に携わる者にしか得られない貴重な経験です。
またチームワークを発揮して便を安全に出発させる仕事の醍醐味は他の会社では得られない価値だと感じています。

Q.仕事をするうえでプロとして心掛けている事はありますか。

グランドハンドリングで行う作業は細かな部分まで航空機の安全に直結する業務なので、一つひとつを確実に、プロとして当たり前のことは当たり前に実施することを心掛けています。また、一便を出発させるには、多くのスタッフが携わっていますので、視野を広く持ちフォローし合うことも心掛けています。

Q. 今後のキャリアパスを教えてください。もしくは今後の夢を教えてください。

今後はさらに現場で経験を積み、知識や技術を習得するために努力を惜しまず、成長していきます。
また福岡空港は、様々な部署を経験できるチャンスも多いため、業務領域を広げマルチスキラーを目指します。以前ANA関西空港へ出向した経験がありますが、もう一度他空港への出向も経験したいと思います。福岡以外でのグランドハンドリングや空港業務全般の理解を深め、誰からも認められる福岡空港のハンドリングスペシャリストとしてオペレーションの一翼を担う存在になっていきたいです。

Q. この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

当社は、自分のやる気や挑戦次第で多くの価値あることを身につけることができる会社です。
グランドハンドリングはとてもやりがいのある仕事で、先輩方も優しく頼りがいある方々ばかりです。
福岡空港を舞台に、一緒に飛行機の近くでお仕事できる日を楽しみにしています!

社員の声トップに戻る