INTERVIEW

グランドスタッフとして
誇りを持ち、
空港の安全と定刻出発を
担保する。

ANA成田エアポートサービス株式会社

金橋 直也(かなはし なおや)/2018年入社

Q.自己紹介をお願いします。

現在、旅客サービス部に所属し、シンガポール航空のハンドリングを担当しております。
大学時代は文学部で心理言語学を専攻し、ゼミでは幼児の言語習得に関する研究をしていました。空港でも幼いお子様を見かけると和みます。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

幼少期から英語教室に通うなど英語に触れる機会が多くあり、大学も英語に注力している大学を選び英語学を学びました。このような環境で育ちましたので英語を使う仕事がしたいと考え、その考えを軸に就職活動を進めました。
他業種も含めて何社か受験する中で、ANA成田エアポートサービスの会社説明会や採用試験で接した社員の方々や、会社全体の雰囲気の良さに惹かれました。また成田空港が国際空港であるということもあり、自分の軸と一致したことから志望しました。

Q. この部門・役割だからこそ得られる経験・価値などはありますか。

様々な国のパスポートを見るなど、多国籍の文化を感じながらお客様と接することができます。この部署で仕事をしていなければ、なかなか出会うことのない国籍の方とお話できることは、とても貴重な経験です。お客様との会話の中で自然と話題の引き出しも増えました。
また搭乗口業務では、作業時間内にドアクローズを行い、定刻に航空機を送り出せたときに達成感とチームワークを感じます。この達成感は定刻出発に向けて笑顔で努力をしているグランドスタッフならではの特権です。

Q.仕事をするうえでプロとして心掛けている事はありますか。

グランドスタッフとして、お客様のご要望にお応えすることは何よりも大切ですが、状況によりそのご要望にお応えできかねる場合は、しっかりと事情をお伝えすることも大切だと考えています。曖昧な回答ではお客様に期待や不安を持たせてしまい、場合によっては安全を脅かしてしまいます。ただお断りするのではなく、規定やルールを丁寧にご説明し、お客様にご納得いただくことがグランドスタッフとして大切な素質だと考えます。
そのうえでさらに、お客様のご要望にお応えできる別なご提案はできないかというセカンドベストを探すことも心掛けています。

Q.休日の過ごし方について教えてください。

航空業界で働いていることもあり、旅行やドライブで遠出することがとても好きです。休日には同期と旅行やドライブへ出掛け、様々な場所でその土地の特色やグルメなどに触れてリフレッシュをします。初めて訪れる場所、初めて食べる産地のものなどは、お客様と接する際の話題にも繋がります。趣味の延長に仕事があるのかもしれません。

Q. この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

ANA成田エアポートサービスの魅力は何と言っても雰囲気の良さです。成田空港は今後さらに大きな国際空港へと成長していきます。
当社自慢の雰囲気の良さと、成田空港でハンドリングをしているというプライドを持ち一緒に成田空港を盛り上げていきましょう。
みなさんとともに働ける日を楽しみにしています!

社員の声トップに戻る