INTERVIEW

地方空港は強い“絆”を
感じて働ける場。
お客様との繋がりを感じつつ
マルチに活躍できます

株式会社ANAエアサービス福島

𠮷田 美咲(よしだ みさき)/2017年入社

Q.自己紹介をお願いします。

現在はANAエアサービス福島でグランドスタッフとして勤務しております。大学では英文学科で言語学を専攻し、英語の歴史や発音について学んでいました。この頃に航空業界に興味を持ち、ANAエアラインスクールを受講。空港でのインターンシップを経験し、グランドスタッフとして働いています。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

ANAエアサービスを志望したのは、ANAエアラインスクールから福島空港を勧められたことがきっかけでした。福島空港では旅客ハンドリングだけでなくグランドハンドリングや運航支援も担当でき、色々な部門でマルチに活躍できることを知りました。担当できる業務領域の広さが他空港にない魅力でした。
また、福島空港の見学をさせていただいた際に、働いている社員の方の表情がとても魅力的でした。いきいきと活躍される姿がとても印象的で、いつしかこの時の社員の方の姿に自分自身を重ねるようになりました。

Q. この部門・役割だからこそ得られる経験・価値などはありますか。

地方空港だからこそ感じられる、お客様との関わりや”絆”は大きな価値があるものだと思います。福島空港では一人ひとりのお客様としっかりとコミュニケーションをとることができ、お客様のお名前を覚えるだけでなく、逆に私の名前を覚えて声をかけてくださるお客様もいらっしゃいます。
またハンドリング業務以外にもプロジェクトリーダーをさせていただいたり、教育訓練の資格を取得する機会があったりと、福島空港でしか得られない経験が数多くあり、とても楽しく取り組ませていただいております。

Q.仕事をするうえでプロとして心掛けている事はありますか。

ANAグループの行動指針に「ANA's Way」と呼ばれるものがあります。グランドスタッフとして空港に立つ時、その中の1つ「お客様視点 - 常にお客様の視点に立って、最高の価値を生み出します」という言葉を常に念頭に置いています。
特に、便の遅延や欠航の際には、お客様のお気持ちに寄り添い、状況によっては新幹線やバスなど他の交通機関をご提案するなど、お客様にとって最善のご案内ができるよう心掛けています。
空港という特性柄、日頃、お客様一人ひとりと接する時間は短くても、そのお客様の様子から一言お声かけをするように意識しています。ゴルフバッグをお預けになるお客様には「ゴルフに行かれるのですか」、「行先のお天気も良さそうですね」など、気持ちよくご出発いただけるような雰囲気作りを心がけています。

Q. 今後のキャリアパスを教えてください。もしくは今後の夢を教えてください。

お客様一人ひとりに寄り添ったあたたかみのある接遇のプロとなること、またグランドスタッフの大切な役割である保安要員の観点からも、強い責任感を持ち、今後は国内線や国際線チャーター便の旅客責任者の資格を取得したいと考えています。
また、グループ会社への出向や支援を通し、様々な業務も経験したいと考えています。

Q. この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

当社はマルチに活躍でき、部門間の繋がりも深い温かい職場です。定時出発のために多くの部門が連携しています。周りへの気配りや気遣いができ、責任感がある方と一緒に働きたいと考えています。一便一便にお客様のお気持ちを乗せ、私たちと一緒に福島空港を盛り上げていきましょう!

社員の声トップに戻る