INTERVIEW

急いでいるときこそ
作業を振り返り
限られた時間内でも
マルチに対応!

株式会社ANAエアサービス福島

佐藤 美織(さとう みおり)/2018年入社

Q.自己紹介をお願いします。

現在は空港サービス部に所属しています。福島空港でグランドハンドリングと貨物業務の担当をしています。
学生時代は、専門学校の観光学科で主に旅行業について学んでいました。観光地理や観光業など旅行業に必要な知識の勉強をしていました。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

もともと旅行業に興味があり旅行自体も好きだったのですが、就職活動をしていく中で”お客様の旅立ちのワンシーン”に携わることができるこの仕事に惹かれました。
また福島空港は部署に関係なく、グランドハンドリングや貨物の業務、安全運航に必要な航空機の重量やバランスなどの情報をパイロットに伝える業務も担当しています。
空港業務全体に関わることができ、小規模空港ならではのマルチな活躍ができる環境に魅力を感じて志望しました。

Q.現在の担当業務とやりがいを教えてください。

現在はグランドハンドリングと貨物業務全般を担当しております。
グランドハンドリングは、航空機を誘導するマーシャラーの業務や、お客様が飛行機に搭乗する際にブリッジを付けたりするなどの業務があります。
貨物業務はお客様や代理店様から貨物をお預かりし、搭載位置を決め、航空機のバランスを組んでいきます。非常に奥が深い業務でとてもやりがいを感じます。
業務は多岐に渡りますが、どの業務も定時出発に向けたハンドリングが求められます。一人ひとりの責任も大きいですが、他部署と連携をとりながら航空機を安全に定刻で出発させられた時は強いチームワークと達成感を感じます。

Q.仕事をするうえでプロとして心掛けている事はありますか。

どの業務においても当たり前のことかもしれませんが、グランドハンドリングは危険と隣り合わせにある業務でもあります。一つ一つの作業を確実に行うことが大切だと思っています。ドアの開閉など細かく決められた作業が数多くありますが、決められたことを確実に実施することを肝に銘じています。
急いでいるときこそ一旦立ち止まり、自身の作業を振り返ることを心掛けることで、
お客様の安全のみならず、一緒に働く仲間の安全も意識しています。

Q. この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

福島空港は社員一人ひとりの”こうしたい”という希望が実現しやすい、風通しの良い職場です。地方空港ならではのマルチなハンドリングと心温まるサービスをお客様に提供できるアットホームな空港です。一緒に福島空港を盛り上げていきましょう!

社員の声トップに戻る