INTERVIEW

運航乗務員の訓練を適切に
設定・スケジューリングし、
航空機の安全運航を担保する

ANAウイングス株式会社

山下 達成(やました たつなり)/2012年入社

Q.自己紹介をお願いします。

総合職掌事務職として運航部 査察訓練課に所属しています。運航乗務員の訓練・審査を主管としている部署です。入社時は客室部門、その後総務部門と運航部門を経験し現在に至ります。
学生時代は教育学部で学校経営学を専攻していました。学校におけるマネジメントについて学んでおりましたので、そういう点で今の業務にも通じることがあります。

Q.この会社を志望したきっかけを教えてください。

ANAウイングスは小型機を運航している航空会社で、地域の方のライフラインを支える公共性の観点で社会に貢献できる点から志望しました。
また就職活動当時は設立して間もない会社だったので、若手のうちから責任のある仕事を任せてもらえる点も魅力でした。

Q. 会社の雰囲気を教えてください。

ANAウイングスにはコミュニケーションを取りやすい環境と機動力があるように感じます。私が入社した当時はまだそれほど規模が大きくなく、アットホームな雰囲気でした。現在は会社の規模も拡大しましたが、社員同士の仲が良く和やかな雰囲気は当時と変わりません。
現在もANAウイングスは国内線シェアを拡大し続けており、明るく向上心のある社員が多いように感じます。

Q.現在の担当業務とやりがいを教えてください。

運航乗務員の訓練サポート業務を主に担当しています。法令に沿った訓練に関わる分野で運航乗務員の訓練のプランを立てます。決められた期間の中で必要訓練数を予定通り遂行していくため、運航のイレギュラーが発生した際の他部署との折衝力、調整力も必要となりますが、何より航空機運航の安全に直結しているという点で責任とやりがいを感じています。
運航乗務員は日ごろから数多くの訓練を実施しており、その上に日常の安全運航が担保されているということを実感します。
訓練を主管する部署において、間接的ですが安全に直結する業務に携われていることはこの部門・役割だからこその経験だと思います。
サポートした訓練生が一人の運航乗務員として乗務するようになった時には、特に今の仕事へのやりがいを感じます。

Q. プライベートについて

有給休暇などの休みは取りやすい環境にあると思います。自分の仕事の進捗管理が出来ていて業務に支障がなければ、しっかりとメリハリをつけて働くことができる会社です。
またエアラインということもあり旅行もしやすい環境です。当社は東京・名古屋・大阪・福岡に事業所があり、各地区にいる同期や先輩・後輩と旅行したり、気軽に日帰りでも親交を深めたりということがよくあります。
年に一回、リフレッシュ休暇という長期休暇を取ることができますので、その時は海外旅行に行くことも多いです。

Q. この会社を志してくれる方へメッセージをお願いします。

航空機の運航には多くの人々が携わり、裏方と言われる仕事も多岐に渡っています。一人で完結できる仕事は一つもありません。
部署の枠にとらわれず周囲の人と協調し、傾聴する姿勢を持ちながら、率先して業務を組み立て目標に邁進していける仲間をお待ちしています!

社員の声トップに戻る