ANA NEWS
ANA Inspiration of JAPAN

第24-007号
2024年4月23日

ANAとエア・インディアがコードシェア提携契約を締結


  • ・2024年5月23日より、インドを代表する航空会社でありスターアライアンスパートナーのエア・インディアとコードシェアを開始します。
  • ・コードシェア対象路線はANAが運航する羽田=デリー線および成田=ムンバイ線、エア・インディアが運航する成田=デリー線が対象となります。お客様の利便性向上および両国間の交流促進に貢献してまいります。

 全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上慎一、以下「ANA」)と、インドを代表する航空会社でありスターアライアンスパートナーのエア・インディア(本社:グルグラム・インド、CEO:キャンベル・ウィルソン)は、コードシェア提携契約を締結しました。この新しいコードシェアにより、日本・インド間を渡航されるお客様の利便性を更に向上させ、両国間の交流促進に貢献してまいります。

 コードシェア便の運航は2024年5月23日より開始し、4月23日より販売します。今後は、往路はANA、復路はエア・ インディアの便を組み合わせる等、柔軟にご旅程を組むことが可能となります。コードシェア便にご搭乗のお客様は、ANAまたはエア・インディアのマイレージ積算・交換が可能です。さらに、スターアライアンス・プレミアムメンバーの方は、ラウンジや優先搭乗など、スターアライアンスの各種サービスを継続してご利用いただけます。

 今後両社はコードシェアのネットワークを更に拡大していく予定です。インドと日本の関係のさらなる強化に貢献し、両国間を旅行するお客様の双方に快適な旅と、両国の新しい魅力を発見する機会をご提供いたします。

【コードシェア概要】
コードシェア開始日:2024年5月23日(販売開始:4月23日)
ANA運航便・対象路線:羽田=デリー、成田=ムンバイ(計2路線)
エア・インディア(AI)運航便・対象路線:成田=デリー(計1路線)

  • ※コードシェアの実施は、関係当局の認可を前提としています。
  • ※対象路線は順次拡大予定

【エア・インディア(AI)について】
 インドのナショナルフラッグキャリアであるエア・インディアは、1932年に設立されました。2022年よりインドTATAグループ傘下となり、大小合わせて128機の機材を運航し、470機の新機材を発注しています。国際線は、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、極東アジア、東南アジアおよび湾岸地域に運航、国内線のネットワークは、インドのすべての州都や、ラダック、アンダマン・ニコバル諸島など幅広い目的地を網羅しています。日本からは成田よりデリーに就航(週4便)しています。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANA広報部 03-6735-1111
    成田0476-31-6007
    伊丹06-6856-0270
    関西072-456-7890
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®