ANA NEWS
ANA Inspiration of JAPAN

第24-001号
2024年4月2日

ANAとロサンゼルス・ドジャースが
「オフィシャルジャパニーズエアラインパートナー」契約を締結


  • ・ ANAは、ロサンゼルス・ドジャースとパートナシップの複数年契約の合意に至りました。
  • ・ ANAは、ロサンゼルス・ドジャースの唯一の「オフィシャルジャパニーズエアラインパートナー」となり、日本・ロサンゼルス間における輸送に協力し、チームをサポートしてまいります。

 全日本空輸株式会社(東京都港区・代表取締役社長 井上慎一、以下ANA)とロサンゼルス・ドジャースは、このたびパートナシップ契約に関する複数年契約の合意に至りました。ANAは日本のエアラインで唯一の「オフィシャルジャパニーズエアライン」として、ロサンゼルス・ドジャースの日本・ロサンゼルス間における輸送に協力し、チームをサポートしていきます。

 ANAは、1986年に東京-ロサンゼルス線を開設し、現在では、羽田/成田-ロサンゼルス間を、北米就航路線の中で最多となる1日3往復運航しています。ロサンゼルス・ドジャースは、毎年400万人近いファンが観戦に訪れる、最も愛されるメジャーリーグのチームであるとともに、今オフのチーム強化で豪華スター選手が多数勢揃いし、日米の野球ファンにとって最も注目が集まるチームです。

 今後ANAは、ワールドシリーズの優勝という高みを目指すロサンゼルス・ドジャースをサポートしながら、ともに挑戦を続け、世界中のお客様に沢山の「ワクワク」をお届けしてまいります。是非ご期待ください。

ANA社長 井上コメント
 「2024年、日本でロサンゼルス・ドジャースへの関心が熱を帯びる中で、ANAがロサンゼルス・ドジャースのオフィシャルジャパニーズエアラインパートナーになれることを光栄に感じるとともに、今後ドジャースと共に世界中の野球ファンのお客様へワクワクを提供していけることを、心から楽しみにしております。」

ロサンゼルス・ドジャース
エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサー ロン・ローゼンコメント

 「2024年のシーズンからANAをパートナーとしてお迎えできることを大変嬉しく思います。シーズンを通して、さまざまなプラットフォームでANAのブランドが露出していきます。ドジャースタジアムを訪れる400万人近いファンに加え、世界中でドジャースの試合をテレビ観戦する数多くの視聴者にも、ANAブランドが一層広く認知されていくことでしょう。」

ロサンゼルス・ドジャースについて
 7度のワールドシリーズ優勝と24度のナショナルリーグ優勝を誇るロサンゼルス・ドジャースは、1890年にニューヨーク州のブルックリンで誕生した当初から現在にいたるまで、誇り高く卓越した球団であり続けることに全力で取り組んでいます。2020年にはワールドチャンピオンに輝くとともに、ESPNが人道的支援への貢献をたたえる「年間最優秀スポーツ ヒューマニタリアンチーム」にも選ばれ、試合に勝つことへのこだわりはもとより、ドジャースタジアムを訪れるファンの皆様にファーストクラスの体験を提供し、コミュニティと深い絆を築くことにも常に注力しています。メジャーリーグベースボール史上最高の通算観客動員数を誇り、さまざまな障壁を打ち破ってきたドジャースは、世界で最も愛されているスポーツフランチャイズのひとつです。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANA広報部 03-6735-1111
    成田0476-31-6007
    伊丹06-6856-0270
    関西072-456-7890
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®