2024年1月12日
全日本空輸株式会社
ITAエアウェイズ

ANA、イタリアのITAエアウェイズがコードシェア提携契約を締結


  • ・2024年1月24日より、イタリアの航空会社ITAエアウェイズとコードシェアを開始します。
  • ・コードシェア対象路線はANAが運航する日本国内線6路線、ITAエアウェイズが運航する羽田=ローマ線及びイタリア国内線の合計6路線が対象となります。お客様の利便性向上および両国間の交流促進に貢献してまいります。

 全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上慎一、以下「ANA」)と、イタリアの航空会社であるITAエアウェイズ(本社:ローマ・イタリア、CEO:ファビオ・ラッツェリーニ)は、コードシェア便の運航を核とする提携契約を締結しました。この新しいパートナーシップにより、日本・イタリア間を渡航される両航空会社のお客様の利便性を向上させ、より多くの旅行機会の創出を両社で目指してまいります。
 このコードシェアは2024年1月24日に開始します。お客様は一つの航空券でご希望の目的地までの移動、出発空港でのチェックイン、到着空港での預け入れ手荷物の受け取りが可能となります。イタリアと日本の関係のさらなる強化に貢献し、日本からイタリアへおよびイタリアから日本へ旅行するお客様の双方に快適な旅と両国それぞれの新しい魅力を発見する機会をご提供いたします。

【コードシェア概要】
コードシェア開始日:2024年1月24日(販売開始:1月17日)
ANA運航便・対象路線:羽田=新千歳、羽田=福岡、羽田=広島、羽田=那覇、羽田=伊丹、羽田=関西(計6路線)
ITAエアウェイズ(AZ)運航便・対象路線:羽田=ローマ、ローマ=ボローニャ、ローマ=ベニス、ローマ=トリノ、ローマ=フィレンツェ、ローマ=ナポリ(計6路線)

  • ※コードシェアの実施は、関係当局の認可を前提としています。
  • ※順次拡大予定

【ITAエアウェイズ航空(AZ)について】
ITAエアウェイズは、「アリタリア航空」を前身とするイタリアの国営航空会社です。イタリア・ローマのフィウミチーノ「レオナルド・ダ・ヴィンチ」国際空港を拠点とし、ヨーロッパ、北米、アジアの22カ国約65都市へフライトを運航しています。日本からは羽田空港よりローマに就航しています。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    全日本空輸株式会社 広報部
    TEL:03-6735-1111
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®