ANA HOLDINGS NEWS
ANA

第23-035号
2023年12月13日

D&I AWARD 2023にて「ベストワークプレイス」認定を
3年連続で受賞!


 全日本空輸株式会社(以下「ANA」)は、株式会社JobRainbowが主催する「D&I AWARD 2023」において、3年連続で「ベストワークプレイス※1」認定を取得いたしました。

 D&I AWARDとは、2021年より始まった企業のダイバーシティアンドインクルージョン(D&I)を評価する日本最大の認定制度です。
日本で活動する応募企業のD&Iの取り組みを可視化する100項目が評価され、特に「LGBTQ+」「ジェンダー」「障がい」「多文化共生」「育児/介護」の5つの視点に注目して評価を行います。このたびANAの独自の取り組み実績が数多く評価され、アワード開始以降3年連続で「ベストワークプレイス※1」認定を受けるに至りました。

 ANAグループでは、持続的成長を担う人づくりと、お客様の多様性への対応また多様な社員が充実した生活と成長を通じて職場を牽引できるよう、 「ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)※2」の推進を加速しています。

 今年9回目となるDEI推進の中心イベント「ANAグループDEIフォーラム2023」は、『Walk the Walk※3』 をテーマに12月5日に開催しました。会場の様子はオンラインで国内外へ配信されるとともに、約50ヶ所の事業所にてパブリックビューイングも開催し、約1,400名のグループ社員が参加しました。

プログラムの主なトピックや当日の様子は以下の通りです。

■日本マクドナルドホールディングス株式会社 代表取締役社長 兼 CEO:日色 保様(写真右)とANA 代表取締役社長 井上 慎一(写真左)による社長対談
テーマ:「多様性を生かす経営:日本企業の経営者が実行すべきこと」

■経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐 水口 怜斉様によるご講演
テーマ:「企業経営における「仕事と介護の両立」の向き合い方について~ビジネスケアラーに関する現状・政策動向の紹介~」

■未来のANAグループを担う若手社員と海外事業所社員による『ワクワク経営戦略会議』を開催。
2030年以降のANAグループの成長に向けたアクションを経営層に提案しました。

※1ベストワークプレイス:認定スコア81~100の企業に与えられるアワードの認定評価であり、評価基準は以下の通り。
「日本国内だけでなく世界的にも高い水準でD&I推進に取り組むD&I先進カンパニーで、D&Iの企業文化の醸成はもちろんのこと、社員一人ひとりがD&I推進を担う個として積極的に活動している。D&Iの理念は、サービスや事業、企業組織のあらゆる側面で反映され、社外にも波及させている。」

※2 ANAグループでは「ダイバーシティ(多様性)」と「インクルージョン(受容・共生)」に「エクイティ(公正性)」を加えたDEIの推進を揚げ、活動を深化させています。

※3 英語で有言実行を意味する、『Talk the Talk、 Walk the Walk』から引用。ANAグループがビジョンとして掲げる「ワクワクで満たされる世界を」の実現に向け、「社員一人ひとりが一歩を踏み出す=行動に移す」という意思を表しています。

<ANAグループのこれまでの多様性への取り組み>

■ジェンダー平等~意思決定層の多様化~
 ANAグループでは、2020年代の可能な限り早期に、女性役員・女性管理職比率を30%以上とする目標を設定しています。
ジェンダー平等に向けた取り組みについて:
https://www.ana.co.jp/group/csr/diversity_inclusion/promotion_diversity/gender_equality/

■多様な働き方
・男性育児休職・休暇の取得率向上に向けた取り組み

 3日間の育児休暇制度をグループ全社へと展開し、対象者の100%取得を2023年度の目標として設定しています。
 社員の充実した生活を支えるための制度整備に加え、本人はもちろんのこと、上司や職場内の理解促進を図ることで、男性の育児休業・休暇の取得率が向上しています。
プレスリリース:
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202209/20220916-2.html?_gl=1*too1wz*_ga*MTY4NTQ0NjM4OC4xNjcyODAzNDk3*_ga_32F297W9WL*MTY3NTMxNzQ1NS4yLjAuMTY3NTMxNzQ2Mi4wLjAuMA..
・若手、専門職社員の活躍領域を広げる取り組み(※ANAにおける取組み)
 管理職登用や職種転換などの人事制度においては、応募対象となる人事資格の拡大など、若手や専門職社員の活躍領域を広げるための取り組みを加速しています。
同時に、社員の成長支援策として、女性リーダー(課長)層を対象としたスポンサー制度や成長支援プラットフォーム(研修、ロールモデル紹介、異業種交流など)を構築し、それぞれのバックグラウンドに応じたキャリアチャレンジのサポートを行っています。

■障がい者雇用
 ANAグループでは、2012年に設置した「グループ障がい者雇用推進室」が中心となり、定期的な会議やセミナーを実施するなど、グループ全体で連携強化を図り、障がい者雇用を推進しています。 2015年に策定したANAグループの障がい者雇用にかかわる行動規範『3万6千人のスタート』をグループ全社員の共通コミットメントとして、ハードとソフトの両面から合理的配慮の正しい理解を促進し、誰もが自分の強みを発揮し活躍できる職場づく りを通じて、より良い社会の実現に取り組んでいきます。
障がい者雇用推進の取り組みについて:
https://www.ana.co.jp/group/csr/diversity_inclusion/promotion_diversity/promoting_employment_of_people_with_disabilities/

■ワークライフバランス
・「こどもまんなか応援サポーター」を宣言

 ANAグループは、将来を担う子どもたちが健やかで幸せに成長できる社会の実現に向け、9月19日の「育休を考える日」を機に「こどもまんなか応援サポーター」を宣言いたしました。こどもたちのために明るい未来のある社会づくりや、お子様のいるお客様にも安心してご利用いただけるサービスの提供、そして社員が働きやすい環境整備を進めてまいります。
プレスリリース:
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202309/20230919-2.html

■多様な性(LGBTQ+)の理解と尊重
・LGBTQ+の尊重に関する基本ポリシーの対応

 2022年に「『多様な性(LGBTQ+)の尊重』に関するANAグループ基本ポリシー」を定め、パートナー制度の拡充や差別への対応など、職場の環境整備と理解促進に取り組んでいます。LGBTQ+に関する企業アクションの評価指標「PRIDE指標」ではANAグループ37社で「ゴールド」を受賞(ANAは8年連続)いたしました。
プレスリリース:
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202311/20231107-6.html
・LGBTQ+アライ活動開始
 今年4月からは新たにLGBTQ+アライ*5の活動をスタートし、プライドイベント*6への参加、勉強会や他企業との交流会の実施、アライを可視化するためのグッズ作成など、社内外でさらなる理解促進と当事者支援に向けた活動に取り組んでいます。
LGBTQ+に関する取り組みについて:
https://www.ana.co.jp/group/csr/diversity_inclusion/promotion_diversity/lgbtq/

■DEI理解の促進
・全グループ社員に向けた学習機会の提供:

 全グループ社員を対象に、「DEI理解促進のための基礎知識」「アンコンシャスバイアス・心理的安全性・マイクロアグレッション」「LGBTQ+理解促進のための基礎知識」を主な内容としたE-learningを実施。現時点で約33000名の社員が受講しています。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス(株)
    広報・コーポレートブランド推進部
    03-6735-1111
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®