スターアライアンス、ワールド・トラベル・アワード2023にて
「ワールド・リーディング・エアライン・アライアンス」賞を受賞


シンガポール 2023年12月5日 - スターアライアンスは、ワールド・トラベル・アワードにおいて、4年連続となる「ワールド・リーディング・エアライン・アライアンス」賞を受賞しました。この発表は、2023年12月1日にドバイの有名なブルジュ・アル・アラブで開催されたガラ・セレモニーで行われました。

2023年8月に発表された北米部門では、ロサンゼルス空港のスターアライアンスラウンジが4年連続で「リーディング・エアポート・ラウンジ」賞を受賞するという快挙を成し遂げ、空港のホスピタリティのリーダーとしての地位を確立しました。

今回の受賞について、スターアライアンスのテオ・パナジオトゥリアスCEOは、「4年連続でワールド・トラベル・アワードを受賞することができ、たいへん光栄に思います。この受賞は、一貫したシームレスな旅行を提供し続けるために努力しているスターアライアンスネットワークの従業員の絶え間ない努力の証です。」と述べました。

テオ・パナジオトゥリアス氏は続けて、「今回の受賞は、スターアライアンス全体のネットワークにおける従業員の努力だけでなく、大切なお客様からの揺るぎない信頼とサポートのおかげです。私たちと加盟航空会社に対する継続的な信頼に、心から感謝しています。」と述べました。

記念すべき第30回を迎えたワールド・トラベル・アワードは、旅行・観光・ホスピタリティのあらゆる主要部門において、さまざまな取り組みを評価することを目的に設立された表彰です。旅行・観光業界の有識者と消費者・旅行者を対象とした世界的な投票に基づき、毎年授与されています。

ワールド・トラベル・アワード創設者のグラハム・E・クック氏は、「ワールド・リーディング・エアライン・アライアンス賞の受賞、おめでとうございます。スターアライアンスが世界の航空業界のベンチマークとしての地位を確立し続けていることを反映した素晴らしい成果です。スターアライアンスの全チームの取り組みは、私たちに刺激を与えるものです。」と述べています。

アライアンスとしての受賞に加え、今年はスターアライアンス加盟航空会社数社が単独でも受賞を果たしました。これらの受賞は、お客様に、他にはないサービスを提供するスターアライアンスとその加盟航空会社の総合力と卓越性を象徴するものです。

スターアライアンスについて
スターアライアンスは、1997年に世界で初めての正式なグローバル航空会社連合として設立され、世界規模のネットワークと認知度、シームレスなサービスを海外渡航者に提供しています。加盟航空会社は、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、エアインディア、ニュージーランド航空、ANA、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、深圳航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、ターキッシュ エアラインズ、ユナイテッド航空です。全体として、スターアライアンスネットワークは現在、計186カ国の1,200カ所の空港へ、毎日16,000便以上を運航しています。また、スターアライアンスコネクティングパートナーには吉祥航空とタイスマイル航空があります。

詳細に関するお問い合わせはこちら:
Tel: +49 69 96375 183
Email: mediarelations@staralliance.com

ウェブサイトおよび各種SNS:

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®