ANA HOLDINGS NEWS
ANA

第23-009号
2023年6月30日

旅と学びの協議会 51の団体・4名の個人会員と新たに第4期活動を開始

~五感をフルに働かせ「楽しく学ぶ」旅の実証に挑戦~


 「旅と学びの協議会」の第4期会員として企業などの法人、教育機関、自治体等の団体に加えて、今期から新たに個人会員(研究員)の参加が決定し活動を開始しました。

 本協議会は、ANA事務局(ANAホールディングス株式会社)と理事会、参加団体(法人、教育機関、自治体等)、個人会員で構成されています。今期は21企業、30団体の計51団体、個人研究員4名などで活動を行います。
 プロジェクト企画、研究部と広報部の活動により、旅の効用を科学的に検証し、旅による「学び」の新しいプログラム開発や次世代教育の一環として活用、提言することを目指しています。

  • ◆第4期会員:法人(21)/ 学校教育機関(16)/ 自治体等(14)/ 個人研究員(4)等
  • ※2023年6月30日時点
  • ◆協議会運営体制:
  • ※旅と学びの協議会とは:
    本協議会は、ANAHDが4名の有識者(立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明氏、東京学芸大学大学院准教授、スタディサプリ教育AI研究所所長 小宮山利恵子氏、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野隆司氏、駒沢女子大学観光文化学類教授 鮫島卓氏)を迎え、2020年6月に設立しました。教育工学・幸福学・観光学の視点から、旅の効用を科学的に検証し、旅を学校および社会人教育の次世代手法としての有効活用を提言することを目的としています。
  • ◆2023年度活動予定プロジェクト 6月時点(五十音順)

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス株式会社
    広報・コーポレートブランド推進部
    03-6735-1111
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®