ANA あきんど NEWS
ANA Akindo

第23-009号
2023年5月17日
ANAあきんど株式会社 庄内支店

「産直空輸」による「朝採れだだちゃ豆」を
山形県鶴岡市のふるさと納税返礼品として展開します!


 ANAあきんど株式会社庄内支店(所在地:山形県酒田市 支店長:前田誠、以下「ANAあきんど」)は、ANA庄内=羽田線を利用した「産直空輸」において、山形県鶴岡市(市長:皆川治、以下「鶴岡市」)のふるさと納税返礼品の取り扱いを開始します。

 庄内地区においては、航空のスピード輸送と地上物流を有機的に連携した「産直空輸」による試験販売として、株式会社日本産直空輸(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木下真祐央、以下「日本産直空輸」)と連携のもと2021年度から山形県鶴岡市の「朝採れだだちゃ豆」を空輸し、首都圏スーパーでの販売を展開してまいりました。

 だだちゃ豆は、鶴岡市内の限られた地域で生産される貴重な枝豆で、収穫したての鮮度が高いうちに食べるのが最も香り高く、遠隔地でおいしく召し上がっていただくためには、航空輸送を用いた「産直空輸」が適した作物でもあります。

 今回取り扱いを開始するふるさと納税返礼品は、株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区 代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)が運営するふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」(https://www.furusato-tax.jp/)限定で、「朝採れを空輸で関東に当日お届け!山形県鶴岡市特産だだちゃ豆1.08kg(180gx6袋)」として展開します。

 この展開はトラストバンクが中心となり、日本産直空輸による輸送全体コーディネート、ANAあきんどによる返礼品の箱・パッケージのデザイン制作、ANAによる航空輸送、ヤマト運輸による羽田空港からお届け先への配達を掛け合わせて実現したもので、5月17日から「ふるさとチョイス」にて受付を開始します。

 今回の取り組みは、現地の新鮮な産物にANA便を利用した「産直空輸」という産直モデルを付加することで、商品価値並びに生産者の収入の向上を図るもので、今後もANAグループは、地域の魅力を高め、地域を元気にする取り組みを進めてまいります。

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする