ANA NEWS
ANA Inspiration of JAPAN

第23-007号
2023年5月9日

2023年度 ゴールデンウィーク期間 ご利用実績


 2023年度ゴールデンウィーク期間(2023年4月29日(土)~2023年5月7日(日))のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告いたします。

  • 1.ご利用実績

【 国内線 】

  • ● 2023年旅客数のコロナ前(2018年)比は、84.9%です。(2018年旅客数:1,235,721人)
  • ● Peachを合わせた2023年旅客数は1,251,069人です。(前年比115.4%、2018年比94.1%)
    2021年よりANA運航便の一部をPeachに移管しており、共同で航空輸送事業計画を策定しています。
  • ※前年2022年、コロナ前2018年の同日と比較

【 国際線 】

  • ● 2023年旅客数のコロナ前(2018年)比は、63.4%です。(2018年旅客数:257,980人)
  • ※前年2022年、コロナ前2018年の同日と比較
  • 2.トピックス

【 国内線 】

  • ● 全路線合計で前年比1.2倍と好調でした。
  • ● ピークとなった5月3日は、旅客数15.2万人とコロナ禍以降最高となりました。
  • ● 全方面で前年以上のご利用を頂きましたが、特に関西方面、中・四国方面は前年比1.2倍超となりました。
  • ● 年代別では、15歳以下が前年比1.3倍、65歳以上が前年比1.4倍と特に好調でした。帰省や旅行などで幅広い年代の方々にご利用頂きました。

【 国際線 】

  • ● 全路線合計で前年比2.8倍と好調でした。
  • ● 海外発のお客様(訪日需要や北米・アジア間の接続需要)が好調に推移したことに加え、日本発のお客様も増え、利用率は76%となりました。
  • ● 方面別ではハワイが前年比5.4倍と好調でした。コロナ前(2018年比)の9割超に回復しました。
  • ● 4月29・30日の羽田・成田発、5月5~7日ハワイ発は、ほぼ満席のご利用を頂きました。
  • ● ハワイに加えて、バンコク・ソウル・台北などアジア方面も日本発レジャー需要の回復傾向がみられました。
  • ● 中国線も5月から上海線などを増便し、需要も着実についてきています。まだコロナ前の3割程度の便数であり、今後の伸びしろが大きい路線です。
  • ● 4月29日から日本の水際措置が撤廃、5月12日からは米国の水際措置も撤廃され、今後ますます海外旅行が盛り上がることを期待しています。

詳細については、別紙をご参照ください。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANA広報部 03-6735-1111
    成田0476-31-6007
    伊丹06-6856-0270
    関西072-456-7890
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする