ANA HOLDINGS NEWS
ANA

第22-049号
2023年3月9日

国際線新ブランド『AirJapan』のサービス発表

~2024年2月就航に向け、シート・制服・ボーディングミュージック(機内BGM)を決定!~


  • ・新ブランド『AirJapan』は、シート、制服、ボーディングミュージック(機内BGM)を決定しました。
    • ・客室仕様は全席エコノミークラスの324席です。
    • ・シートピッチは一般的なエコノミークラスを上回る32インチ(約81センチ)あり、広めの足元と深めのリクライニング設計により、お客様に快適にお過ごしいただけます。
    • ・制服は多様な人材の活躍を目的に、性別を問わず、コーディネートにバリエーションを持たせ、自分らしく着こなせるボーダレスなデザインです。
    • ・ボーディングミュージックは「東京藝術大学×AirJapan産学連携プロジェクト」から誕生した楽曲「あい」です。尺八や箏といった日本を感じる音色でお客様を温かく機内へとお迎えします。
  • ・2024年2月に東南アジアへの就航を予定しています。また、アジア路線を中心に順次運航路線を拡大してまいります。

 ANAグループのエアージャパンは、昨年3月に発表した新たな国際線ブランド『AirJapan』の就航に向けた準備を進めております。今般、シート、制服、ボーディングミュージック(機内BGM)が決定しました。また、機内食コンセプト、ブランドサイト開設についてもお知らせいたします。

 『AirJapan』は、ANAグループが蓄積してきたFSC(フルサービスキャリア)とLCC(ローコストキャリア)の事業ノウハウを活用し、「Fly Thoughtful」をブランド・コンセプトに上質で快適な機内空間をお手頃な価格で提供してまいります。今後、2024年2月に東南アジアへの就航を予定しています。また、アジア路線を中心に順次運航路線を拡大してまいります。

 ANAグループがお届けする新たな旅の選択肢、「すべてにやさしいThoughtfulなエアライン『AirJapan』」の今後の展開にぜひご期待ください。

  • 1. シート

ゆとりある空間、座り心地を追い求めたシート。

 客室仕様は全席エコノミークラスの324席といたしました。お客様が触れるシートは快適性を考え、肌触りが柔らかく、また軽量で耐久性もある日本製の上質なレザーを使用しました。32インチのゆとりのあるシートピッチ、深めのリクライニング設計で快適性を実現しました。長時間のご移動でも快適にお過ごしいただけます。

  • • シートピッチは、一般的な国際線エコノミークラスシートを上回る32インチ(約81センチ)で設定し、広めの足元と深めのリクライニング設計にしました。
  • • スマートフォンやタブレット端末をご利用いただけるよう、Type-AおよびType-CのUSBポートとタブレットホルダーを装備しました。
  • • デザインは、革新的で洗練されたデザインを創造するイギリスのデザイン会社「Acumen」、シート製造は付加価値の高いソリューションにより世界中の航空会社にシートを提供するサプライヤー「Safran」です。
  • 2. 制服

「すべてにやさしい制服」を目指して。

 お客様に「Thoughtful」をお届けするため、客室乗務員の個性を大切にすること、環境にも配慮した制服とすることなど、「すべてにやさしい」をコンセプトに客室乗務員が企画段階から構想を進め、ブランドに込めた想いを具現化しました。また、多様な人財の活躍を目的に、性別を問わず、コーディネートにバリエーションを持たせ、自分らしく着こなせるボーダレスなデザインの制服を制作しました。

  • • 客室乗務員が自分らしく、自由な着こなしを楽しむことができるよう、コーディネートにバリエーションを持たせました。ボトムスはスカートとパンツ2種類、パンツの裾の長さの調節を可能とし、シューズはスニーカーか革靴いずれかを選択できるようにしました。
  • • 日本の伝統文化である、「結び」「重ね」を取り入れ、お客様がご搭乗される瞬間から「日本らしさ」を感じていただけるようなデザインにしました。「結び」はブランドカラーの帯ベルトで、「重ね」は自然に重なる美しいさまを、スカートの裾やトップスの前身頃・袖などで表現しました。
  • • 使用する生地の一部に植物由来原料をとして使用しているほか、「衣服ロス問題」に対応し、ジャケットやボトムスなど一部をシェアアイテムとすることで、使用する資源を最小限に抑えます。
  • 3. ボーディングミュージック(機内BGM)

音楽で感じる『日本』、旅に色を添えるサウンドを。

 機内BGMは、「東京藝術大学×AirJapan産学連携プロジェクト」から誕生しました。楽曲タイトルは「あい」です。 尺八や箏といった日本を感じる音色がお客様を温かく機内へとお迎えし、そして旅先へとお送りします。

  • • Air Japanのオリジナルボーディングミュージック制作に向けて、「東京藝術大学×AirJapan産学連携プロジェクト」が開始し、東京藝術⼤学の学⽣・卒業⽣による作曲コンペで多数の中から選ばれました。

冷水 乃栄流(ひやみず のえる)氏/作曲者、東京藝術大学大学院 よりコメント

邦楽器と洋楽器の混合アンサンブル作品です。伝統を感じさせると同時に、フレッシュなグルーブが新しさを醸し、そして日本を感じさせる尺八と箏の音色が洋楽器のアンサンブルと手と手を取り合い、新たな旅路を寿ぎます。 タイトルには「藍」「愛」「合い」「逢い」…など、様々な意味を織り込みました。

藤原 道山(ふじわら どうざん)氏/尺八演奏家 よりコメント

旋律や楽器をよく理解していて、「これから始まる」ワクワクを感じる作品です。 海外の皆さんに素晴らしい和の音が届くことを嬉しく思います。
  • 4. 機内食

日本の「美味しい」を楽しむ、日本の「文化」を感じる。

 海外のお客様には、日本への旅行が一段と思い出深いものとなり、「ここに行ってみたい」「また訪問したい」が増えるよう、また、日本のお客様には、「このような日本の味があったのか」「やっぱりホッとする」を感じていただけるよう、日本の『美味しさ』『文化』を感じられるメニューを有料にてご用意します。具体的なラインナップは、航空券の販売開始に合わせてご案内いたします。

  • • お客様それぞれの機内での過ごし方に合わせてお楽しみいただけるよう、事前予約限定メニューや、当日機内にてご購入が可能なお食事・スナック類もご用意します。
  • 5. 『AirJapan』ブランドサイトの開設について
     『AirJapan』のサービスやコンセプトをより多くのお客様に知っていただくため、ブランドサイトを開設いたしました。当サイトより公式SNSもお楽しみいただけます。今後、就航日時や路線等の最新情報をお知らせするほか、航空券の販売開始後はブランドサイトよりご予約も承ります。
    AirJapanブランドサイトURL https://www.flyairjapan.com/

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス株式会社
    広報・コーポレートブランド推進部
    03-6735-1111
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする