2023年2月21日
ANAホールディングス株式会社
Joby Aviation Inc.

ANAホールディングスとJoby Aviationが
大阪・関西万博 空飛ぶクルマ運航事業者に選定


  • ・ANAHDとJobyが大阪・関西万博 空飛ぶクルマ運航事業者に選定されました。
  • ・大阪・関西万博会期中に会場内ポート及び会場外ポートをつなぐ2地点間での空飛ぶクルマの運航を計画する事業者として参画します。
  • ・Jobyが開発した電動エアモビリティeVTOL Joby S-4は、静粛性に優れた5席仕様の機体で、海外機として初めて日本の型式認証の申請を、国土交通省航空局に実施しています。

 ANAホールディングス(以下「ANAHD」)と、Joby Aviation(以下「Joby」)は、大阪・関西万博『未来社会ショーケース事業出展』「スマートモビリティ万博」空飛ぶクルマ運航事業者に選定されました※1。これにより、両社は大阪・関西万博会期中に会場内ポート及び会場外ポートをつなぐ2地点間での空飛ぶクルマの運航を計画する事業者として参画してまいります。

 ANAHDとJobyは、2022年2月以降、電動エアモビリティeVTOLを活用した日本における新たな運航事業の共同検討を進めています※2。大阪・関西万博における取り組みが、大阪・関西を始めとした日本全国、世界中からいらっしゃる方々に、新たな空のモビリティを感じていただく機会になることを期待しています。

 Jobyは、米国カリフォルニア州に本社を置く電動式垂直離着陸機を開発する会社で、2025年には米国でエアモビリティサービスの提供を開始する予定にしています。静粛性に優れた高速で拠点間をつなぐ新しい空のモビリティJoby S-4は、最高時速が320km/h、5席仕様、航続距離は最高240kmです。高い静粛性と高速性により、都市の混雑や渋滞の緩和や持続可能な交通手段を実現可能とします。2009年の会社設立から1,000回を超える試験飛行を行っています。2018年にはFAAに航空機の型式認証の申請を提出し、2022年10月には海外機として初めて日本の型式認証の申請を、国土交通省航空局に実施しています。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    • ◆ANAホールディングス株式会社
      広報・コーポレート推進部
      03-6735-1111
    • ◆Joby Aviation Inc.
      press@jobyaviation.com
  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする