第22-149号
2023年2月17日
ANAあきんど株式会社
株式会社おてつたび

「ANAあきんど」と「おてつたび」が連携!
大分県宇佐市を舞台とした実証実験を開始します。


 ANAあきんど株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菅谷 とも子、以下「ANAあきんど」)は、人手不足で困る農家や旅館のお手伝い(仕事)をしながら旅が出来るマッチングプラットフォーム『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(代表取締役CEO:永岡里菜、本社:東京都渋谷区、以下「おてつたび」)と連携し、大分県宇佐市で実証実験を実施します。
ANAあきんどは「おてつたび」の実施に合わせ、航空機利用で参加の皆様用に「ANAトラベラーズダイナミックパッケージ(航空券+宿泊)」で利用できる専用のクーポンを提供し、参加者の負担を減らすとともに集客の一助を担っております。

  • 1. おてつたびについて

「おてつたび」は、日本各地の素敵な地域へ行く人が増えて欲しいという想いから生まれたサービスであり、地域の困りごとをお手伝いすることにより報酬を得ながら旅行をする事が可能なため、行きたかった地域にいく際のボトルネックになりがちな旅費を軽減することが可能な点が特徴です。
また、お手伝いを通じて地域の方と関係性が生まれ、再び同じ地域へ訪れる参加者も増えており、関係人口拡大の一助を担っています。
詳細:おてつたび×宇佐市×ANAトラベラーズ特集ページ(https://otetsutabi.com/mcpr/usa

▼実施背景
東京圏への一極集中は止まらず、2018 年には 13 万6千人の東京圏への転入超過を記録し、多くの若者が進学や就職を機会に東京圏に集まっています。

宇佐市では、何とか人口を呼び戻そうと、これまで様々な移住施策を行ってきましたが、移住・定着を促進するためには、将来的な移住につながるよう、新しい人の流れをつくることが重要だと考え、関係人口拡大をさせUターンやIターンによって持続可能な人口流動を実現し地元経済への活気反映、継続的な取り組みを行っています。

今回の連携により、地域外の方に向けて「宇佐市」に訪れるきっかけを作り、リーズナブルな旅を提供することで地域の関係人口の創出を図ります。

▼今回のプランの特徴
気軽に「宇佐市」を訪れ、ゆったりと地域の魅力や文化に触れていただきたいと考え、ANAあきんどとおてつたびは、担い手を求める市内事業者と、地域に興味をもつ若年層世代をマッチングさせるプログラムを企画。

対象となる宇佐市のおてつたび※1 に参加者する方で航空機をご利用の参加者に、おてつたび前後の宿泊や現地までの航空券がお得になるANAトラベラーズダイナミックパッケージ(航空券+宿泊※2)が2万円割引で購入できるクーポンを提供します。
ANAトラベラーズダイナミックパッケージ(https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/module-202208/dp.html

  • ※1 すでに募集を終了しております。
  • ※2 宿泊に関しては、おてつたび「前後(前泊・後泊)」の宿泊先をANAトラベラーズのダイナミックパッケージから予約(自己負担)。

▼今回のプランの一例
今回は2月22日(水)~2月25日(土)の期間に、延べ10名が1泊2日のプログラムに参加。宇佐市を訪れ、地域の仕事に触れていただきます。

【1泊2日】日本酒造りのおてつたび!アットホームな酒蔵でお手伝いをしませんか

  • 実施期間:2023年2月22日(水) ~ 2月23日(木)
  • 受け入れ事業者:株式会社小松酒造場
  • 仕事内容:日本酒造り作業・出荷作業等
  • 参加者(計4名):京都府在住 男性20才、京都府在住 女性22才、神奈川県在住 女性24才、福岡県在住 女性32才。

【1泊2日】'農家のチカラで農村イノベーション' を掲げて活動中!ぶどうの成長を支える管理作業をお手伝い!

  • 実施期間:2023年2月24日(金) ~ 2月25日(土)
  • 受け入れ事業者:株式会社ドリームファーマーズJAPAN
  • 仕事内容:ブドウの栽培管理作業
  • 参加者(計6名):神奈川県在住 女性19才、京都府在住 男性20才、佐賀県在住 女性22才、千葉県在住 男性22才、神奈川県在住 女性24才、福岡県在住 女性32才。

▼宇佐市について
大分県の北部に位置する宇佐市は広大な海と平野からなる宇佐エリア、盆地を中心とした安心院エリア、大小の谷からなる院内エリアによって構成され、変化と多様性に富んだ自然あふれるまちです。

宇佐市は、古代より交通・流通の要所に位置していたことから、宇佐神宮や東西本願寺別院、龍岩寺、鏝絵、石橋など古い歴史・文化遺産が数多く存在し、奈良時代の古事記・日本書紀にも宇佐の記述が残っています。

さらに、現在ではその立地の良さを活かした、農商工の連携による6次産業化やグリーンツーリズム、ブランド化の推進による農水産業、酒類のほか自動車部品等を製造する技術産業、歴史文化、スポーツなど多彩な活動が活発に行われています。

住んでいる人も訪れた人も満足度の高いまちの創造に向けて、宇佐市に生まれてよかった、ずっと住み続けたいと思えるまち、訪れてよかった、また来てみたいと思えるまち」を目指し、「定住満足度日本一、交流満足度日本一のまち」をまちづくりの目標に定めています。

  • ・宇佐市とのふるさと納税連携について

宇佐市はANAのふるさと納税に参加頂いております。
「カチがあるまち宇佐市」として上記ANAふるさと納税サイト内に宇佐市特集ページを設け、宇佐市の観光情報の掲載や豊富な返礼品を展開しております。
詳細:ANAのふるさと納税 宇佐市特集ページ(https://furusato.ana.co.jp/44211/

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする