第22-135号
2023年1月31日
ANAあきんど株式会社 松山支店
株式会社修斗
株式会社ひらまつ
株式会社hakken

ANA「農園プロジェクト」
~ブラッスリーポール・ボキューズ大丸東京で
愛媛県産伊予柑のデザートをお楽しみいただけます~


 ANAあきんど株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菅谷 とも子)は、一次産業の活性化による人やモノの流れ・つながりを創り、関係人口・交流人口の拡大を目指しており、松山支店(所在地:愛媛県松山市、支店長 谷山 章)では「みかん農園を廃園にしない。みかん農園の未来を守る」仕組みを構築するために、愛媛県内の自治体・事業者と連携し課題解決に向けて取り組んでいます。その取り組みの一環として、石丸農園(株式会社修斗:愛媛県松山市・代表取締役:石丸 智仁)と連携し、“愛媛のみかん農園の未来を守りたい “という共通の想いのもと、ANA「農園プロジェクト」を推進しています。
 そしてこの度、株式会社ひらまつ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:遠藤 久)が運営するレストラン「ブラッスリーポール・ボキューズ大丸東京店」にて2月1日(水)より開催される「愛媛県”伊予柑”フェア」のコース料理にて、石丸農園の伊予柑を使用したデザートが登場します。また、廃棄野菜や果物を乾燥・加工し付加価値をつけて商品化することでフードロスの削減に取り組んでいる株式会社hakken(所在地:京都府京都市、代表取締役:竹井 淳平)とも連携し、石丸農園の伊予柑をスライスして乾燥したものと伊予柑を粉末状にしたパウダーを使用しています。
 料理長の鈴木啓太シェフが、実際に農園を訪れ愛媛県の伊予柑が育つ土地柄や、伊予柑の風味を視察するだけではなく、みかん農家の課題や伊予柑に対する生産者のこだわりや想い、そしてANA「農園プロジェクト」の概要に触れました。愛媛を代表する伊予柑は甘さと酸味のバランスが良くとてもジューシーです。皮を剥くと伊予柑の香りが立つ、「その香りも含めて伊予柑の美味しさです。」と聞き、これをデザートで表現できないかと考えました。ぜひ、伊予柑を使ったデザートの香りをお楽しみください。

 本プロジェクトについて

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする