ANA あきんど NEWS
ANA Akindo

第22-099号
2022年11月21日
ANAあきんど株式会社

ANA 庄内スイーツプロジェクト 始動!
米どころ酒田 「米粉スイーツプロジェクト」 スタート


 ANAあきんど株式会社庄内支店(所在地:山形県酒田市 支店長:前田誠、以下「ANAあきんど庄内支店」)は、東北日本ハム株式会社(所在地:山形県酒田市 代表取締役社長:落合貴浩、以下「東北日本ハム」)と連携し、「米どころ酒田・米粉スイーツプロジェクト」を開始します。

 このプロジェクトは、日本ハムグループの会社の中でも食物アレルギー対応商品を製造している東北日本ハムの女性社員チームと、庄内に移住してANAの客室乗務員として乗務を続けながら庄内地区のPR活動を行っているANA SHONAI BLUE Ambassador(※1)が連携し、食物アレルギーの方でも安心して食べられ、かつ、地元酒田市産米の米粉を使った特産品としてのグルテンフリーのスイーツ開発を目指すものです。

 開発するスイーツは米粉を使った「白い米粉カヌレ」で、庄内の方言で「まず、食べてみて」という意味を示す「まんず、け~」から語源を取り、「SAKATA Ma.ange.Ke(サカタ・マンジュ・ケ)」と名付けます。山形県発祥のお米である「はえぬき」の米粉を原料として、お米本来の白さとモチモチ感を生かしながら、山形県庄内産の酒米で造られた純米大吟醸の酒粕を練りこんだ「芋アン」を包むことで、ほのかな甘みを醸し出します。

 この米粉スイーツは2023年2月以降の発売を目指しますが、ANAのクラウドファンディング「ANA WonderFLY(※2)」でこの取り組みに対してのサポートを2022年11月21日から受付を開始します。サポートをいただいた方には、支援に対する御礼の品としてサポート額に応じて今回開発するグルテンフリーの米粉スイーツや「SAKATA Ange Bonbons」のロゴ入りオリジナルタンブラーのほか、東北日本ハム製品などをお送りする予定です。

【米どころ酒田・米粉スイーツプロジェクト概要】

プロジェクト名称: 米どころ酒田・米粉スイーツプロジェクト
プロジェクト主体: 東北日本ハムの女性社員、及びANA SHONAI BLUE Ambassador
プロジェクトチーム名: SAKATA Ange Bonbons(サカタ・アンジュ・ボンボン)
  • ※フランス語で「天使」を意味する「Ange」と「スイーツ」を意味する「Bonbons」を合わせて、女性のみで結成されたチームのやさしさを表すとともに、米粉スイーツの魅力である天使のような白さを表現しました。
プロジェクト概要: 食物アレルギーの方にも楽しんでいただける庄内産原材料を使った米粉スイーツ開発
開発商品: 白い米粉カヌレ SAKATA Ma.ange.Ke(サカタ・マンジュ・ケ)
展開方法: ANAのクラウドファンディング「ANA WonderFLY」による支援による展開
商品完成時期: 2023年2月下旬(予定)

 ANAあきんど庄内支店では、今回のプロジェクトを第一弾として、今後も庄内地域の特産品を使った「ANA庄内スイーツプロジェクト(※3)」を展開し、庄内地域の地域活性化に寄与できるよう努めてまいります。

  • (※1)ANA SHONAI BLUE Ambassador
    山形県庄内地域に移住したANAの客室乗務員5名による地域創生プロジェクト。2021年10月より活動を開始し、通常の客室乗務員としての乗務と並行して、庄内地域を中心としたWEBサイトやSNSでの地域の魅力発信や、地元企業との商品開発、官民学連携によるキャリア教育など多岐に渡る活動を行っている。
  • (※2)ANA WonderFLY (https://wonderfly.ana.co.jp/cf
    ANAのマイルで支援できるクラウドファンディングで様々な思いを抱いたチャレンジャーの挑戦をサポートしている。庄内地区では、酒の酒田プロジェクト、松ケ岡ワインプロジェクトに続く第3弾としての掲載。
  • (※3)ANA庄内スイーツプロジェクト
    ANA SHONAI BLUE Ambassadorが地域と連携して、庄内地域の特産品を利用しながらお土産等として親しまれるスイーツを開発するプロジェクト。東北日本ハムとのプロジェクトを第一弾として、道の駅、学校等との連携により展開計画中。

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする