2022年9月2日
ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会

「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会」
2022年11月に3年ぶりの開催が決定!!
~世界最高峰のトップライダーが横須賀の海を疾走する~


  ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会(事務局:神奈川県横須賀市、会長:上地克明)は、2022年11月11日(金)から11月15日(火)までの5日間、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会を3年ぶりに津久井浜海岸で開催します。
 ウインドサーフィンワールドカップは、毎年ヨーロッパを中心に約10か国を転戦するワールドツアーでトッププロが世界一を争います。
 4回目となる今大会では、スピード感あふれるレースをお届けするとともに、ウインドサーフィンを体感できる大会を目指していきます。

【開催概要】

■大会名称 ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会
[英字大会名]Fly! ANA Windsurfing World Cup YOKOSUKA MIURA Japan
■開催期間 2022年11月11日(金)~11月15日(火)=5日間=
■会場 津久井浜海岸 住所/横須賀市津久井浜1丁目
■主催 ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会
【実行委員会構成メンバー】
全日本空輸株式会社、京浜急行電鉄株式会社、一般社団法人日本ウインドサーフィン協会、神奈川県、横須賀市、三浦市
■公認 Professional Windsurfers Association(PWA)
■特別協賛 全日本空輸株式会社
■協賛 京浜急行電鉄株式会社、株式会社西武リアルティソリューションズ、アサヒビール株式会社、大栄不動産株式会社、株式会社セレスポ、株式会社野村総合研究所、横浜銀行、NTT東日本、株式会社アルビオン ほか
■開催内容
  • (1)レース
    世界トッププロ選手(約100名出場)によるスラロームレース
  • (2)大会期間中イベント(予定)
    ①海上観覧船の運航
    ②マリンスポーツ体験会 他を予定
■観覧者見込 60,000人(来場4.2万人、オンライン視聴1.8万人【5日間延べ人数】)
■感染症対策 入退場口を2か所設置し、入場時に係員によるアルコール消毒、検温を実施します。
また、入退場者数の把握を行うほか、マスク着用、大声での会話の自粛、間隔を空けた観覧を呼びかけします。
  • ※大会の詳細内容につきましては10月13日(木)に記者会見を開催し、お知らせいたします。
  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会事務局
    (横須賀市文化スポーツ観光部企画課内)飯島・内藤・加藤
    電話046-822-9284

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする