ANA NEWS

第22-043号
2022年8月30日

新型コロナウイルスの影響に伴う
国際線 路線・便数計画の一部変更について(追加分116)


  • ・ 2022年10月30日から2023年3月25日までの運航計画を決定いたしました。北米路線はコロナ前の2020年度期初計画比で約9割の運航率を予定しています。
  • ・ ワシントンD.C.・ヒューストンは羽田線を再開し、成田線と併せて両都市ともに毎日運航します。また、羽田=シカゴ線を再開するとともに、羽田=ロサンゼルス線・サンフランシスコ線、成田=シアトル線を増便します。
  • ・ 10月30日より、羽田・成田=シカゴ線は最新型ファーストクラス「THE Suite」・ビジネスクラス「THE Room」 シート搭載機にて運航します。
  • ・ アジア・オセアニア路線では、羽田=クアラルンプール線を再開するとともに、羽田=シンガポール線・ジャカルタ線等を増便します。
  • ・ 欧州線・ホノルル線等一部路線の運航計画については調整中につき、決定次第別途ご案内いたします。

 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う各国における出入国規制や検疫体制、需要動向等を踏まえ、2022年10月30日から2023年3月25日までの運航計画の決定を行うとともに、2022年10月1日から10月29日までの一部路線における追加対応を実施します。

 今後も、出入国規制や検疫体制などの状況、母国への帰省や海外への赴任などの需要動向を見極めながら、さらなる需要回復時には、機動的に復便や増便などを計画してまいります。また、すべてのお客様に安心・快適に飛行機をご利用いただけるよう、あらゆるシーンで清潔・衛生的な環境をご提供する取り組み「ANA Care Promise」を推進してまいります。

 本日の発表内容につきまして、概要は以下のとおりです。なお、運航の詳細はANA ホームページもご覧ください。

■2022年10月~2023年3月 運航概要
本日発表分を含む、2022 年10月1日~2023年3月25日までの運航概要は以下のとおりです。

【運航概要】

  • ※運航便数は、臨時便を含みます。
  • ※上記数値は本リリース時点で運航が確定した分のみ含みます。今後も需要動向に応じて増便する可能性があります。
  • ※運航率は、2020年度事業計画比です。

■10月1日~10月29日追加対応

  • ※これらの計画は関係当局の認可を前提としています。
    運航に関するお知らせメールをご登録されているお客様へは、本日以降、順次お知らせいたします。

■2022年10月30日~2023年3月25日
現行の運航便数から変更が生じているものは、(黄色背景)としています。

  • ※これらの計画は関係当局の認可を前提としています。
    運航に関するお知らせメールをご登録されているお客様へは、本日以降、順次お知らせいたします。
  • (※1) 海外発便は実施期間の開始日と終了日が翌日となります。
  • (※2) 新しい開設時期は未定です。決まり次第、ご案内いたします。
  • (※3) 8月23日プレスリリース「2022年度下期ANAグループ航空輸送事業計画を一部変更」でご案内済みの内容となります。

■10月30日~3月25日の運航ダイヤ

  • ※これらの計画は関係当局の認可を前提としています。また機材は変更となることがあります。
  • ※1 12/1~3/25は7往復/週
  • ※2 11/6~3/11は1時間早着
  • ※3 11/6~12/31は1時間早発、1/1~3/11は55分早発、3/12~3/25は5分遅発

各地域での検疫体制の強化に伴い、入国条件の変更など、さまざまな対応が実施されています。
ご利用のお客様は、渡航先各国の大使館・領事館および保健機関関連情報などをご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについては、ANAホームページをご確認ください。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/coronavirus-travel-information/

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANA広報部 03-6735-1111
    成田0476-31-6007
    伊丹06-6856-0270
    関西072-456-7890

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする