第22-054号
2022年8月18日
ANAあきんど株式会社 大阪支店
和歌山県有田市・NPO法人CRUISE ARIDA・さんさんカルテット・塩野香料株式会社

和歌山「青みかん」で取り組むSDGs 清々しい爽やかな香りと癒し
~廃棄するものを、新しい形にかえて~
ANAのクラウドファンディング「WonderFLY」を通じて取り組みます!


 ANAあきんど株式会社 大阪支店(所在地:大阪府大阪市、支店長:種村守之、以下「ANAあきんど」)は、和歌山県有田市(市長:望月 良男)及び塩野香料株式会社(所在地:大阪市中央区、取締役社長:塩野秀作、以下「塩野香料」)と連携し、和歌山県有田市の地域農家(みかん農家)が取り組むSDGsの達成を目指したクラウドファンディングの取り組みを産官民連携により支援いたします。

 この取り組みは、温州みかんを生産する過程で果実を間引きする際に生まれる【廃棄される運命にある「青みかん※1」】を活用して新しい価値を創出することを目的とし、「地域農家×有田市×塩野香料×ANAあきんど」が連携し、企画立案いたしました。
 ※1 「青みかん」=摘果(てっか)されたみかん。温州みかんの生産には、品質管理として、7月頃~10月頃に摘果(果実が小さなうちに木々に出来た果樹を間引きする作業)が発生します。その際に、摘果されて廃棄されるのが「青みかん」で、この青みかんは価値がないことから、ほとんどが廃棄されているのが現状です。

 さっぱりとした柑橘の爽やかな香りが素晴らしい青みかんの特徴を活かし、手洗い時やリフレッシュしたい時にフワッと香る持ち運びも可能なハンドソープを作ることを目指しクラウドファンディングにチャレンジいたします。廃棄される青みかんの魅力を活かした農家の新しい収入モデルを作り上げることで、地域にある資源で、地域のために稼ぎ、地域のために投資する「サステナブル活動」が回り始める第一歩とし、地域農家全体の活性化とSDGsへの貢献を目指します。地域、農業、環境、SDGs、すべてに新たな風が吹いて欲しいという気持ちが詰まったプロジェクトです。皆様からのご支援をお待ちしております。

  • 募集期間:2022年8月19日(金)
    ~10月19日(水)23:59まで
  • ※募集期間内に支援数が設定数に到達した場合にはご支援いただけない場合もございます。

【メンバー及び役割のご紹介】
チャレンジャー

  • ① NPO法人CRUISE ARIDA(地域農家) (代表:橋爪裕介):有田市の農業人口を増やすことを目的に発足した、若手農家。青みかんにいち早く着目しSNSによる情報発信や農業と触れ合う体験機会の創出など様々な取り組みを実施
  • ② さんさんカルテット(地域農家) (代表:宮井潔):先祖代々続く3軒のベテラン女性農家を中心に、女性視点での新たなみかん製品の加工にも挑戦中

サポーター

  • ① 和歌山県有田市:有田の文化でもある「みかん農業」を守り、育てるために地域農家の新しいチャレンジを支援
  • ② 塩野香料:1808年創業。「素材の抽出技術」×「長年培ってきた調香技術」で青みかんの香りを再現
  • ③ ANAあきんど:企画立案、情報発信、企業間連携などチャレンジ全体のサポートを実施

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAあきんど社のWebサイト「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

この記事をSNSでシェアする