ANA NEWS
ANA Inspiration of JAPAN

第22-019号
2022年6月3日

ANAグループ中長期環境目標達成に向け、
特別塗装機でお客様と共にANAのサステナブルな活動を推進します


  • ・ANA Future Promise立ち上げから1年を迎え、さらに施策を推進していくために、ANAのサステナブルな企業活動を象徴する飛行機として、本年秋よりANA Future Promise特別塗装機の運航を開始します。
  • ・特別塗装機を中長期的に活用し、サステナブルな素材を使用した機内サービス品(機内食食器の一部、機用品の包材等)の提供や、アップサイクル商品の販売拡大、CO2排出抑制を目的としたハンドリング等を展開してまいります。
  • ・お客様からさまざまな施策に対する評価をいただき、ANAグループの中長期環境目標達成に向け、その他の機材や路線へ拡大し、お客様と共にANAのサステナブルな活動をさらに推進していきます。

 ANAグループは、持続可能な社会の実現と企業価値向上を目指し、昨年2021年6月に「ANA Future Promise」を立ち上げました。その後、2021年8月に日本の航空会社で初めて機内食容器をプラスチック製から地球環境に優しい素材へ変更し1、また、今年3月には食品残渣の循環型の仕組みの導入2等に取り組んでまいりました。
 ANA Future Promise立ち上げから1年を迎え、さらに施策を推進していくために、ボーイング787型機の特別塗装機を活用し、サステナブルな素材を使用した機内サービス品(機内食食器の一部、機用品の包材等)の提供や、航空をテーマとしたアップサイクル商品の販売拡充、CO2排出抑制を目的としたハンドリング等を中長期で展開してまいります。また、サステナブル素材を使用した商品やサービスの提供に係る施策については幅広いビジネスパートナー様との協業も検討していく予定です。ANAグループの中長期環境目標達成に向けて、さまざまなビジネスパートナーおよびお客様とともに、ANAのサステナブルな活動をさらに推進していきます。

 現在、消費者がある商品を選択する際、商品そのものの機能や価格だけではなく、それを手掛ける企業は社会的責任をどのように果たしているのかという企業の姿勢や価値観に対する重要性が増しています。3人々の生活様式や関心が変化し、また、新型コロナウイルスの影響により航空需要も変容する中、私たちの提供する商品・サービスにおいても「ESG」「衛生・清潔」「ユニバーサル」等の要素を強化してまいります。

【特別塗装機について】
 環境の概念を表現する「水と緑」をモチーフとしたデザインで、ボーイング787の2機に特別塗装を実施し、国内線・国際線(各1機)を運航します。

【特別塗装機運航の概要】

 ANAグループは、2050年までに航空機運航によるCO2排出量実質ゼロ5を目指すという環境目標を中長期で掲げています。今後もお客様およびあらゆるステークホルダーの皆様とESG推進に取り組み、目標実現を目指してまいります。

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス株式会社
    広報・コーポレートブランド推進部
    03-6735-1111

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

この記事をSNSでシェアする