ANA HOLDINGS NEWS
ANA

第21-044号
2022年3月8日

~すべてにやさしいThoughtfulなエアラインが誕生~

新ブランド『AirJapan』、2023年度下期に国際線就航


  • ・新しく中距離国際線を運航する新ブランドの名称を『AirJapan』に決定しました。
  • ・日本らしい「発想」と「品質」でお客様のお好みに応じて選べるオプションと、お客様がゆったりと思い思いに過ごせる快適な機内空間をお手頃価格で提供します。
  • ・国際線の需要回復動向を注視しながら、2023年度下期の中距離国際線就航を予定します。

 ANAホールディングス株式会社及び株式会社エアージャパンは、新しく中距離国際線を運航する新ブランドの名称を『AirJapan』に決定し、ロゴの商標出願を実施しました。

 ANAグループは、お客様の価格・サービスにおける幅広いお好みに対応できるエアライングループとして持続的な成長を追求すべく、2020年秋にビジネス・モデルの変革の一つとして、新ブランドの立ち上げを発表しました。今般、ブランド名をはじめ、ロゴ、機体デザインが決定しましたので、お知らせします。国際線の需要回復動向を注視しながら、2023年度下期の就航に向けて準備を進めてまいります。

1. ブランド・コンセプト
 ブランド・コンセプトは「Fly Thoughtful」です。Thoughtfulには、気遣いや思いやり、やさしさといった意味があります。すべてにやさしいエアラインとして、日本らしい「発想」と「品質」で全く新しい空の旅を創り出すことを目指します。

2. ブランドロゴ、カラー、機体デザイン
 世界中の方々から、日本のエアラインであること、また安心のJapan Quality(日本品質)を、シンプルに、分かりやすくお伝えするため、ブランド名を『AirJapan』に決定しました。

 ロゴは『AirJapan』の「r」と「J」の部分をモチーフに、手と手が織り成すやさしさ(Thoughtful)をイメージしています。
 ブランドカラーは日本の伝統色「藍色」と「曙色」の組み合わせです。藍色は、日本の伝統工芸の1つである藍染の巧みで丁寧な技法(Trust & Thoughtfulness)を表現しています。曙色は、日本の四季の中から、春の「日の出」の色を選定し、心地よい暖かさ(Comfort & Care)を表現しています。

3. ブランド・ステートメント

<ブランド・ステートメントに込められた想い>

  • ● 日本らしい「発想」と「品質」でフルサービスでもLCCでもない、双方の良いところを組み合わせながら全く新しい空の旅を創り出すことを目指します。
  • ● 「自分好みに選べる体験」との表現のとおり、フルサービスで提供されるサービスのうちお客様が「ほしい」と思われるオプションをご用意します。
  • ● 一方で特に追加オプションは「いらない」シンプルな旅をお望みのお客様は費用を抑えることも可能です。
  • ● LCCのようなお手頃さを感じて頂ける運賃を設定します。
  • ● 「今までにない快適さ」の言葉の通り、中距離国際線の移動においても快適に過ごして頂ける機内空間をご提供します。

 具体的な機内仕様やサービス内容については、今後改めてご案内します。フルサービスでもLCCでもない、すべてにやさしいThoughtfulなエアライン『AirJapan』に、ぜひご期待ください。

(参考)
今回のブランド構築においては、世界的に数多くのエアラインブランドを手掛けるランドー&フィッチ(*)とともに、日本のエアラインらしくも、親しみと上質さのあるデザインを生み出しました。

  • (*)ランドー&フィッチは、戦略とデザインを駆使して、企業から商品まで様々なブランドに変革をもたらすブランディング・エージェンシーです。日本においても50年にわたり、日本を代表する数々のブランドを成功に導きブランディングのパイオニアとして業界をリードする存在となっています。(URL:https://landor.com/ja/

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス株式会社
    広報・コーポレートブランド推進部
    03-6735-1111

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

この記事をSNSでシェアする