ANA NEWS
ANA Inspiration of JAPAN

第21-086号
2021年12月8日

国内線新仕様ボーイング787-9型機、就航日決定


  • ・12月9日(木)より、B787-9国内線新仕様機(375席)が国内線に就航します。
  • ・B787国内線仕様機では、初めてプレミアムクラス・普通席の全席にパーソナルモニター付きの最新モデルのシートを装備します。プレミアムクラスは10席増席し、28席となります。347席の普通席パーソナルモニターは11.6インチから国内線最大13.3インチに改良しました。

 2021年11月1日に就航10周年を迎えたANAのボーイング787型機が、新しく生まれ変わります。全席にパーソナルモニター付きの最新モデルのシートを装備し、さらに快適で充実した国内線の旅を提供します。

  • 1. 対象機材
     国内線ボーイング787-9型機 (375席仕様。プレミアムクラス28席、普通席347席)
  • 2. 導入時期
     2021年12月9日(木)より。初便は ANA477便予定。(15:25東京(羽田)発、18:20沖縄(那覇)着)
  • 3.プレミアムクラスのシートについて
     2019年秋より国内線ボーイング777-200型機でご好評いただいているSafran Seats US社製のシートを採用します。国際線ファーストクラスシートのイメージを引き継ぎ、国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどをより高級感・重厚感のあるデザインとなっています。より多くのお客様にご利用いただけるよう、現状18席から国内線機最大の28席へ大幅増席します。シートの詳細はANAホームページをご覧ください。
  • ■快適性、機能性へのこだわり
    • ・国内線最大15.6インチの最新薄型パーソナルモニター
    • ・国内線最大の座席幅56センチ(アームレスト内側のくぼみ部含む)
    • ・安心感や隣席とのプライバシーを確保したシート間大型ディバイダー
    • ・どなたでも操作が簡単に出来る電動シートコントロール
    • ・ペットボトルなどが収納出来るようになった座席横の小物入れ
    • ・アクセス性が改善されたPC電源・USB ポート位置
    • ・パソコンやミールトレーを置いたまま通路へ出られる回転式大型テーブル
  • 4. 普通席のシートについて
     2019年秋より国内線ボーイング777-200型機でご好評いただいているシートを採用します。業界トップクラスのトヨタ紡織社がもつ自動車シートで培った人間工学に基づく技術とANA がもつ航空機シートの安全性や快適性のノウハウを詰め込んだJapan Quality を追求したシートです。シートごとに異なる柄のファブリックを採用し、ご搭乗ごとに新たな機内空間を体感いただけます。シートの詳細はANAホームページをご覧ください。
  • ■快適性、機能性へのこだわり
    • ・国内線最大13.3インチの最新薄型パーソナルモニター
    • ・PC電源・USB ポート装備
    • ・身体の根幹である骨盤をしっかりと支える背もたれで、リラックスできる姿勢を保持
    • ・どのような体格の方にも心地よく、フィットするシート形状
    • ・テーブルやアームレストの高さ、角度、形状などを誰もが心地よいと感じる設計
    • ・カップホルダーをクローバー型に変更し、紙コップが取り出しやすいように改善

 国内線のパーソナルモニター付き機材は、2021年度末までに計61機となる予定です。

  • ・国内線仕様機:
    エアバスA321neo型機22機、ボーイング777-200型機4機、
    ボーイング787-8型機【プレミアムクラスのみ装備】6機とボーイング787-9型機2機。計34機
  • ・国際線仕様機(国内線暫定運航中):
    エアバスA320neo型機11機とボーイング787-8型機16機。計27機

以上

  • 報道機関からのお問い合わせ先:
    ANA広報部 03-6735-1111
    成田0476-31-6007
    伊丹06-6856-0270
    関西072-456-7890

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • お客様からのお問い合わせ先はこちらからご覧ください。

この記事をSNSでシェアする