第19-111号
2020年2月6日

東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーに決定


  • ・本日、「東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーシップ契約」を締結
  • ・8月13日(木)から8月25日(火)まで開催される聖火リレーを盛り上げ、サポート

 全日本空輸株式会社(以下、ANA)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、「東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーシップ契約」を本日締結しました。
 東京2020パラリンピックの聖火リレーは、東京2020オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、東京2020オリンピック終了後、2020年8月13日(木)から8月25日(火)の東京2020パラリンピック開会式までの移行期間に開催されます。ANAは、東京2020パラリンピック聖火リレーサポーティングパートナーとして、機内や空港などのさまざまな場面で、東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプト「Share Your Light/ あなたは、きっと、誰かの光だ。」を発信し、東京2020パラリンピック聖火リレーを盛り上げ、積極的にサポートしてまいります。

 また、ANAは東京2020パラリンピック200日前を記念して、東京2020パラリンピックオフィシャルエアラインパートナーとして機運のさらなる醸成のため、以下のプロモーションを展開します。

  • 1.機内エンターテイメント
    • ・国内線のシートモニター、国内線Wi-Fiサービスにて東京2020パラリンピック関連映像を上映します
    • ・国内線および国際線の機内誌にて東京2020パラリンピックの特集記事を掲載します
  • 2.日本財団パラリンピックサポートセンター発行のグラフィックマガジン「GO Journal」 への協賛
     日本財団パラリンピックサポートセンターが発刊し、写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクションを担当するグラフィックマガジン「GO Journal」に協賛します。蜷川実花さんが制作したアスリートをモチーフとしたグラフィックをパネル展示により発信するプロモーションを2月7日(金)に開始します。尚、ツイッター、フェイスブックにおいても、本プレスリリース内容を掲載しています。また、アスリートの素晴らしさを多くのお客様と共有するため、空港におけるパネル展示の展開なども予定しています。

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

  • ■報道機関等からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス(株)
    広報・コーポレートブランド推進部:
    03-6735-1111
  • ■その他の各種お問い合わせ先はこちらからご覧ください。

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®