第19-029号
2019年7月2日

大型貨物専用機ボーイング777F型が就航!

~日本の航空会社として初導入、多様な輸送ニーズに対応~


 ANAは、日本の航空会社として初の大型貨物専用機のボーイング777F型機の運航を開始します。ボーイング777F型機は本日から成田=上海(浦東)線、10月27日から成田=シカゴ線に就航します。

 ボーイング777F型機は、中長期的に需要拡大が見込まれるアジア・中国と北米間において、航空機エンジンや半導体製造装置、リチウムバッテリ−や医薬品などの危険品・特殊品の輸送を担います。
 これまでANAでは沖縄貨物ハブを中心にアジア地域における豊富な貨物便ネットワークを保持していた一方、北米路線は旅客便のみの運航でした。今回、この区間へ大型貨物専用機を投入することにより、アジア・中国・日本と北米間の大量輸送を実現します。
 また、ボーイング777F型機の導入に合わせ、ANAグループで航空貨物の運送を手掛ける株式会社ANA Cargoは、大型の半導体製造装置や医療機器などの衝撃リスクに配慮した輸送サービス「PRIO SENSITIVE」、SUVサイズまでの完成車に対応する自動車輸送サービス「PRIO VEHICLE」などの新サービスを展開しています。

 ANAグループは、拡大する旅客便ネットワークと貨物専用機の相乗効果により、お客様からの多様な輸送ニーズに応え、伸び行く航空貨物需要を積極的に獲得していきます。

【運航ダイヤ】

  • ・7月2日~8月25日
  • ・8月26日~

以上

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

Get Adobe® Reader®

  • ■報道機関等からのお問い合わせ先:
    ANAホールディングス(株)
    広報・コーポレートブランド推進部:
    03-6735-1111
  • ■その他の各種お問い合わせ先はこちらからご覧ください。