地域活性化支援事業Invigorating local communities

地域活性化支援契約自治体・団体

肝付町(鹿児島県)

契約期間:2016年度~
地域駐在型

『宇宙のまちづくり』を軸に、資源発掘や観光・物産・文化を全国へ発信することにより、肝付町を中心に周辺地域等活性化を図ることを目的として、以下取り組んでいます。

  • (1) 地域の観光資源を活用した観光振興に関すること。
  • (2) 地域ブランド化の育成・販路拡大に関すること。
  • (3) 地域情報の発信に関すること。
  • (4) 地域の自然・文化の保護育成に関すること。
  • (5) その他、周辺地域の活性化支援に関すること。
Message
地域創生マネージャー
益山 拓己

2019年4月から鹿児島県の肝付(きもつき)町の駐在員になりました益山拓己です。
肝付町は鹿児島県の大隅半島の東南側に位置しており、日本で初めての人工衛星「おおすみ」や「はやぶさ(初代)」を打ち上げたJAXAの内之浦宇宙空間観測所があることでも知られています。近年では最新ロケットである「イプシロンロケット」も年1回ペースで 打ち上げられ、その際は多くの見物の人が訪れてにぎわっています。
また伊勢海老の水揚げが県下有数である他、鹿児島黒牛、かごしま黒豚等の高級食材が名産となっており、町内各所で美味しいものをお手軽な価格で食べることができます。
最近では地域固有のかんきつ類である「辺塚だいだい」や、それを餌に混ぜて食べさせた 「辺塚だいだいカンパチ」にも力を入れ、その美味しさから新しい名産になること間違いなしです。
これからロケット基地の情報を軸として、まだまだ知られざる観光地や物産品を発掘して ご紹介いたしますのでよろしくお願いいたします。
是非、肝付町へおじゃったもんせ!(いらしてください)

What's up? ANA総研

過去実績 & TOPICS