ANAシステムズの新たなコーポレートロゴ誕生!
~創立10周年の節目に~

2024 / 03 / 28
その他

ANAシステムズは、エアライン分野に精通した「ITのスペシャリスト集団」として、エアラインビジネスを中心としたシステム企画・開発、空港施設・インフラ展開から稼働後のシステム運用、ANAグループ各社のDX推進支援、地域創生への取り組みなど、幅広く品質の高いトータルサービスを提供しています。

2023年4月に創立10周年を迎え、それを機に経営理念を刷新し、新たにコーポレートロゴを制作しました。

ロゴに込めた想い

「希望、幸福、愛情、健康」を意味する四つ葉のクローバー
葉は飛行機の垂直尾翼(フィン)の形から着想し、
翼の羽ばたき(飛躍)、成長をイメージ

3枚の葉はエアライン事業・ライフバリュー事業・外販事業(地方創生)を
4枚目の葉となる「ANA SYSTEMS」は社員一人ひとりを表現

社員が協調・協力し、希望をもって夢や目標を達成し社会へ貢献する
その活動を通じ、すべての人が心身ともに健康・幸せであり続ける

これまでのANAグループを中心に築き上げてきた私たちの力と新たな成長の葉を広げ、
社会へ新たな価値を生み出し続けることで、
安心・信頼・喜びに溢れる「幸せで豊かな未来つくり」の一翼を担っていく

※コーポレートロゴを彩る3色は、ANAグループコーポレートカラー(トリトンブルー・モヒカンブルー)と当社の経営理念にて掲げている社会・地域への貢献や幸せで豊かな未来をイメージしたカラー(グリーン)を使用しています。

制作の背景

左から、岐部さん、山本さん、飯島さん、中願寺さん

コーポレートロゴ制作の企画に携わったのは、岐部さん、山本さん、飯島さん、中願寺さんです。

<制作メンバー>
岐部 琴美(きべ ことみ)さん:ANAシステムズ 企画部 経営企画チーム マネージャー
山本 美朋(やまもと みほ)さん:ANAシステムズ 総務部 総務チーム テクニカルマネージャー
飯島 恵子(いいじま けいこ)さん:ANAシステムズ マーケティングソリューション部 ANAアプリチーム テクニカルマネージャー
中願寺 智成(ちゅうがんじ ともなり)さん:ANAシステムズ 企画部 経営企画チーム リーダー

<山本さんコメント>
株式会社ANAコミュニケーションズと全日空システム企画株式会社の合併により設立されたANAシステムズは、2023年4月に創立10周年を迎えました。同じタイミングで、ANAグループのエアライン事業のみならず、「エアライン事業で長年培った技術と経験」を最大限に活かし、ライフバリューを生み出すビジネスへ踏み出す経営方針へ転じ、新しい道への挑戦を始めました。

これに伴い、ANAシステムズの未来のありたい姿をテーマに900名を超える全社員と対話を行い、社員の想いを紡いだ言葉で経営理念(Mission・Vision)を刷新しました。

経営理念刷新の次は「未来に向けて私たちのシンボルをつくろう!」と意気込み、コーポレートロゴの制作を企画し、経営理念と同様に「社員の手でつくること」にこだわりました。

経営理念をインプットとして、社員の想いを色や形にする作業から着手し、考えを巡らせた結果、4つの候補が挙がりました。社員が最も共感するロゴを採用したいと考え、全社員アンケートを実施。その結果、採用されたロゴは、どの年代や性別から見ても最も共感を得たロゴでした。

採用されたロゴはお披露目ムービーを制作し、当社の創立10周年パーティー内で社員へ発表しました。

左から、岐部さん、山本さん、飯島さん

コーポレートロゴをデザインしたのは、ANAアプリのUIUXデザインを担当している飯島さんです。

<飯島さんコメント>
ANAシステムズに入社して以来、私は変わらず「ANAシステムズは人を大事にする」会社だと感じています。経営理念を通じても、その姿勢が強く感じられます。そこからコーポレートロゴのデザインテーマを 「”人”を軸に、これまでの航空事業経験とこれからの新事業の飛躍」 としました。「人の想いを乗せ、新たな成長の葉を、翼のように広げ、幸せで豊かな未来をつくっていく」、このような想いを形にしています。皆様にもこの想いに共感いただき、愛されるロゴマークになっていくことを願っています。

新たなコーポレートロゴをシンボルに始動したANAシステムズ。
全てのステークホルダーから愛され、社会にとってかけがえのない存在になることを目指していきます!

ANAシステムズについて
https://www.anasystems.co.jp/

ANAアプリ
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/mobile/ana_app/