ロンドンビジネススクールで開催された、
“ビジット・ジャパン・マーケティング戦略コンペティション”の
優勝チームが日本を訪れました!

2024 / 03 / 25
地域との取り組み

ANA総合研究所は昨年12月1日、ロンドンビジネススクールの学生を対象に「海外からのZ世代・将来の富裕層による地方訪問促進策」のテーマで、「富裕層」や「地域創生」の課題解決の提案をするコンペティションをロンドンで開催※しました。
当該コンペティションの様子はこちら

※ANA総合研究所は今回の取り組みを、日本の地方の魅力発信について海外からの目線で提案をいただくことができる絶好の機会ととらえ、メインスポンサーとして企画・運営を支援してきました

コンペティションで優勝したのは、東北エリアの魅力を紹介し誘客に結び付ける提案を実施したチームでした。今回、優勝チームが優勝賞品として提供された航空券を利用し、実際にコンペティションで提案した東北エリア・秋田県を訪問。各所で提案内容のディスカッションを実施しました。

その際の様子をご紹介します!

◆研究の対象となった秋田県を訪問

一行の秋田県訪問に際しましては、秋田県を代表する企業である秋田銀行様から訪問日程のアレンジやマスコミへの広報について多大なご協力をいただきました。

秋田県知事訪問

なぜ提案対象に秋田を選んだのか、秋田県の魅力と課題などについて意見交換を行いました。佐竹知事からは「様々なアイデアを出していただき感謝しています。秋田の良さを発見して、皆さんの出身国でも伝えて欲しいです。」とコメントをいただきました。

国際教養大学訪問

様々な国からの留学生と国内ほぼすべての都道府県出身の生徒が集っています。すべての授業が英語で実施されることや1年間の海外留学が必須であることなど、グローバル感覚を養えることで有名な大学です。

学長、副学長や学生へプレゼンし、活発な意見交換が続きました。

男鹿・角館、伝統文化施設も訪問

◆観光庁、ANAでもプレゼン

観光庁を訪問

研究した秋田を実際に訪問した印象のほか、外国人から見た地方観光資源の可能性の高さや、魅力を発信し続けることの大切さ、地域ごとのサイトが充実しているなどの意見が挙がった一方、日本の各地域の魅力を包括的に紹介しているサイトでは文章過多の傾向があり、写真や映像で直感的に伝わるサイトが好ましいという意見が伝えられました。

ANAグループ社員、JNTO、地方自治体の皆様に、地方への訪日戦略の発表

情報発信の方策と継続性が大切であり、訪日初体験者へ十分楽しめるコンテンツが知られないまま点在しているとの指摘がありました。とりわけ秋田には、日本の伝統が息づいていること、オーセンティックな日本を体感することができること、あたたかな人とのふれあいを感じることができる、魅力にあふれているとの意見をいただきました。

ANA総合研究所ではこのような世界を繋ぐ取り組みを今後も行ってまいります。

【参考】
<Japan Marketing Strategy Competition公式サイト>
https://japanclub7.wixsite.com/my-site

<LBS Japan Clubホームページ>
https://www.lbsjapan.com/