世代を超えた深い絆で、シニア・若手ともに輝き続ける ~ANA福岡空港 貨物・グランドサービス部~

2024 / 1 / 10
その他

市街地へのアクセスの良さや充実した施設が魅力の福岡空港。一方で、旅客数や航空機の発着数などが非常に多い空港としても知られています。
この空港のANA便を支えているのが、ANA福岡空港株式会社。その中でも、航空機運航の地上支援を行う貨物・グランドサービス部には約280名が所属しています。

この部署の特筆すべき魅力は、「シニアと若手の距離がとても近い」こと。
ANA福岡空港株式会社の貨物・グランドサービス部は、2社が統合して11年前にできた組織です。ベテラン勢の多い会社と若手が元気な会社が融合したこともあり、まるで「祖父や父を敬い、孫を育てる」ような文化が統合当初から存在していました。今でもこの当時の文化がしっかりと受け継がれています。

ベテラン社員たちは若手社員に対して、言語化が難しい暗黙の知識・熟練のスキルを、手取り足取り実践現場で教え続けています。さらに、管理職も積極的に若手社員との対話を行い、知識や経験を共有する機会を毎月設けています。

現場で熟練のスキルを伝承。管理職と若手との対話は、お菓子も豊富に用意し、なごやかな雰囲気で毎月実施。

一方で、若手社員が機器端末の使い方など新しい技術をシニア社員に伝えることもあります。スタンバイタイムを活発な議論の時間とし、若手社員ならではの最新情報を幅広い世代に自由に共有することも行われています。これによって、世代を超えて社員同士が刺激を受けながら成長することができています。

若手ならではの情報をシニア社員へ共有。どちらも笑顔が絶えない。

2名の社員に、その秘訣を聞きました。

【シニア社員代表:草場 藤則さん】

「チームワークで1便を安全・定刻で出発させた時の達成感がグラハンの魅力」と語る草場さん

草場さん:
「若い社員が多く、元気なエネルギーにあふれ、イレギュラー時もチームワークで果敢に立ち向かう点が私たちの職場の強みだと思っています。いつもは冗談ばかり言っている若手が、イレギュラー時に「この便を私が担当します」と自ら積極的に動く姿は頼もしい限りです。
仕事でうれしいことは、やはり若手社員の成長です。入社当初は頼りなかった若手社員も、今やプッシュバックの資格を取得し活躍している姿を見ると喜びとともに刺激を感じます。
福岡空港内だけでなく、他空港やパートナー会社の仲間との出会いを大切にし、業務経験をたくさん積んで、もっともっと成長してほしいですね。」

【若年層代表:是石 一恵さん】

「航空機の迫力や空の広さを日々感じられること、仲間とともにチームで働けることがグラハンの魅力です」と語る是石さん

是石さん:
「草場さんは厳しく怒ってくれる人。またあるときは、とことん若手を庇ったり言えない気持ちを代弁してくれたりする人です。豊富な経験から、幅広い視点で物事を見てアサーションしてくださったり、みんなが気づかないようなことを発信してくださいます。
そんな草場さんに、自分の業務を褒めてもらったときはうれしかったですね。たまに褒めていただくと、認めてもらえたと感じてうれしくなります!プライベートも含めて、引き続きよろしくお願いします(笑)!」

業務外でのレクリエーション活動やプライベートでの交流も盛んで、社員同士がお互いに教え合い、「相互にリスペクトする文化」・「風通しの良い文化」が醸成されているANA福岡空港。
この文化が土台となって、若手社員がのびのびと育ち、活気あるシニア社員たちが存分に活躍し、グランドハンドリングの品質向上につながっています。