挑戦を続ける若手アーティストとANAがコラボ
「OFF TO ART」始動

2022 / 07 / 29
サービス・商品

新しい表現に挑戦し続ける若手アーティストの作品を機内での動画放映やECサイトなどを通じて紹介し、日本の芸術を世界に発信していく「OFF TO ART」というプロジェクトが6月から始まりました。

「OFF TO ART」は挑戦を続ける若手アーティストに情報発信の場を提供するとともに、国内外の人に新しい日本の文化や芸術を伝えようとANAホールディングスが全日空商事と共同で始めたプロジェクトです。

第一弾となるアーティストは世界各国の装飾をモチーフとして取り入れ、作品に仕上げることで知られる現代装飾家の京森康平さんです。

Flowing River 左からNo.13 Ivy / No.14 Pine / No.15 Banana tree 京森康平氏

ANAの航空機の機内やYouTubeサイトで公開されている動画では、今回取り扱っている京森さんの「Flowing River」という原画作品の制作過程が紹介されています。

この作品は過去に京森さんが制作した縦約8メートルの巨大な作品を39枚に裁断し、それぞれのピースの上にさまざまな画材で花や鳥などといった絵を描き立体的に仕上げたものです。

Flowing River 京森康平氏

巨大なキャンパスに絵の具を垂れ流し時間の流れを表現した元の作品の上に、咲き誇る花や躍動する生き物などの自然の一瞬の美しさを写し出すことで、時間の流れの中にある儚さを表現しています。

この作品の原画はANAの公式ECサイト「ANA STORE/ANAショッピング A-style」で販売しています。(詳細はこちら:https://ana.ms/3coKxs9

今後も日本の現代アートを積極的に発信していくことにしていて、第2弾(6月30日~)は画家の木原千春さん、第3弾(7月28日~)は書道家の山口芳水さんを取り上げる予定にしています。

Flowing River 京森康平氏

企画したANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボの田辺佳奈美さん
「アートや芸術と聞くと難しいと思われがちですが、動画で制作過程を見ることでアーティストも試行錯誤しながら制作している様子を知ることができます。ぜひ身近に感じてもらえればと思います。また作家の出身地やモチーフにしているものをきっかけにいろいろな場所に興味を持ってもらい旅行にも行ってもらえたら嬉しいです」

全日空商事 事業創造室の松井重樹さん
「ANAの国際線のネットワークなどを通じて、日本の現代アートや文化を世界のお客さまに発信していきたいと思います。また今後もイベントや情報発信を積極的に行ない、これまであまり芸術に興味がなかった人たちにも興味を持ってもらえるようになればと思います」

左から、ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボの田辺佳奈美さん、
全日空商事 事業創造室の松井重樹さん