ANA訓練施設の見学ツアー開始

2022 / 01 / 11
あんしん・安全・衛生

安全やサービス向上への日々の取り組みを知ってもらおうとANAは、パイロットや客室乗務員、整備士などの訓練を一括して行うため作られた総合訓練施設「ANA Blue Base」※の見学ツアーを2021年12月から始めました。

※2019年4月運用開始

羽田空港そばの東京大田区羽田旭町にある「ANA Blue Base」は、2019年にできた施設で、パイロットや客室乗務員、整備士、グランドスタッフ、貨物スタッフ、グランドハンドリングスタッフの訓練を一括して行うための施設です。

ANAは「ANA Blue Base」の一般向け見学ツアーを2021年12月10日から始めました。施設には専用の見学コースが設けられ、この施設で訓練を受けた社員が案内役を務めます。

施設は6つの職種の訓練施設に分かれ、チェックインカウンターや搭乗ゲートなど空港と同じ設備が設けられたグランドスタッフの訓練施設のほか、客室乗務員の訓練施設では脱出訓練のために使う実物大の機体の模型が設けられています。また、パイロットの訓練施設にはコンピューターで操縦の様子を再現するフルフライトシミュレーターが置かれ、それぞれの施設では時間帯があえば実際に訓練が行われている様子を見ることができます。

さらにそれぞれの職種を体験するフォトスポットも設けられ、90分間のツアーで安全やサービス向上への取り組みやANAの歴史を知ることができます。

ツアーはインターネット予約のみで、料金は大人1,000円、中高生800円、小学生500円となっています。

ツアーを担当する広報・コーポレートブランド推進部 日高かおりさんは、
「コロナ禍でオープンが遅れる中、お客様に安全・安心にツアーに参加していただけるよう感染予防策に力を入れて準備してきました。安全の堅持やサービス・品質の向上に努める社員の原点を体感いただき、普段とは違うANAに触れる機会になればと思っています。」と語ります。

ツアーエリアを監修した株式会社ムラヤマ デザイングループ 菊池仁さんは、
「映像や展示を通してお客様にANAグループのスタッフの思いが伝わるよう展示方法にこだわって計画しました。ANAで働く人の人となりや安全運航にこめた思いが伝われば良いと思います」と思いを語りました。