シニア向け
空港エスコートモニターサービスを開始~ご高齢のお客様の“あんしん”と“ゆとり”ある
「空の旅」をサポートします~

2021 / 12 / 27
サービス・商品

スマートフォンによるチェックインなど空港での手続きの自動化が進む中、機械の操作に不慣れな高齢のお客様にも気軽に空の旅を楽しんでもらおうとANAは、65歳以上の方を対象に空港に到着してから出発までの間、専任のスタッフが出迎えエスコートする有料のモニターサービスを1月から始めることにしました。

現在ANAでは、スマートフォンでのチェックインや自動手荷物預け機など搭乗手続きの自動化を進めています。
一方で旅慣れない高齢のお客様からは、「手続きが自動化して使い方がわからない」や「搭乗ゲートまでの行き方が複雑でわからない」といった不安の声が寄せられています。

こうした声を受け、ANAは1月11日から3月24日までの間、65歳以上で羽田空港発の国内線に搭乗されるお客様を対象に専任のスタッフが出迎えエスコートするモニターサービスを始めることにしました。

サービスを利用すると空港でプレミアムチェックインカウンターを利用することができ、専任のスタッフが出迎えて搭乗手続きのお手伝いをします。その後、スタッフが「ANA LOUNGE」までエスコートしアルコールやソフトドリンクを楽しみながら出発までの時間を過ごすことができます。搭乗時刻が近づくとスタッフが直接お声をかけ、搭乗ゲートまで案内してお見送りします。また到着地では預けた手荷物を優先して受け取ることができ、安心して空の旅を楽しむことができます。

予約は電話とANAウェブサイトで受け付けていて、料金は1グループあたり、1〜2名様の場合は7,000円、3名様は10,000円、4名様は13,000円となっています。

ANAでは3月まで試験的にこのサービスを行い、お客様のご利用状況を見て今後のサービスの改善に努めていくことにしています。

全日本空輸株式会社 CX推進室CX戦略部 マネジャー 岩國 泰典

「デジタル化が進み便利になったという声もある一方で、わかりにくいというお声もいただいています。高齢化が進む中、様々なお客様のニーズに応えサービスを充実させることで、空の旅に慣れていない方にも気軽に利用してもらえるようになればと思います」

※サービスの詳細はこちらをご参照ください。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/senior-premium-escort/