ダイバーシティ
2020年1月14日
BE THE CHANGE!~互いを尊重し、一人ひとりが輝く未来へ~「ANAグループ D&Iフォーラム2019」を開催しました!

2019年12月11日、第5回目となる「ANAグループ ダイバーシティ&インクルージョンフォーラム」を開催しました。

ANAグループは、2015年度に「ANAグループ ダイバーシティ&インクルージョン宣言」を発表し、ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)推進の取り組みの一つとして、2015年よりD&Iフォーラムを開催しています。

今回のテーマは、
「“BE THE CHANGE!”~互いを尊重し、一人ひとりが輝く未来へ~」

自分自身が変化を起こし、周囲を巻き込みながら、一人ひとりが輝く未来に向けて動きだしてほしいという想いが込められています。

当日は、ANAグループ各社の社長や管理職を中心に、約200名が集結!D&I推進に向けて「今」自分たちが何をすべきなのか、何ができるのか、1日を通して考えました。

フォーラムを開始してから5年目の節目を迎え、ANAホールディングス株式会社 片野坂社長による特別講演を行いました。「D&I宣言より5年を経て今思うこと」をテーマにこれまでを振り返り、「私たちが1日ここに集まり、D&Iについて考えるのは貴重な取り組み。今年のテーマである『“BE THE CHANGE!”~互いを尊重し、一人ひとりが輝く未来へ~』のもと、有意義な一日を過ごそう」と語りました。

また、全日本空輸株式会社 平子社長は、「組織においてD&I推進を阻むものは何か、皆さんに考えていただきたい。それについて考えることが『“BE THE CHANGE!”』の手掛かりになるのではないか」とメッセージを伝えました。

その後は、特別講演やワークショップを通じて、D&Iをさらに理解・推進していくためのヒントを学びました。

そしてフォーラムの最後には、
「一人ひとりが輝く職場となるよう、それぞれの違いを活かし偏見を持たず接していく」
「個々の力を発揮し、尊重し合えるいきいきとした職場作りに貢献する」
など、参加者全員が “今” からはじめる具体的なアクションを<PROMISE>として掲げました。

参加者からは、
「普段考えていなかったこと、気付いていなかったことをたくさん学ぶことができ、部下の育成やチームマネジメントの一助になった」、「D&Iは日常生活でも必要であると、意識改革につながった」、「D&Iが組織のパワーや推進力になることを改めて実感した」など、前向きな意見も多く挙がりました。

これからも、ANAグループは社員の多様性(ダイバーシティ)を大切にし、一人ひとりが自らの強みを発揮でき、その強みを活かせる(インクルージョン)職場づくりに取り組んでまいります。